My Library Home

犬行者経(クックラバッティカ・スッタ)

仏教

動物の習性をまねる行者



目次

第一章 |  第二章 |  第三章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、コーリヤ人が住む、
ハリッダヴァッサナの町に、止まられていた。
そこに、プンナとセーニヤが訪れ、こう尋ねた。

「世尊よ、このセーニヤは、犬を真似る者、
犬のように、地を這って暮す、裸の行者です。
彼は、この身が壊れた後、どこに転生しますか。」

「止めなさい、プンナよ、それを尋ねるな。
犬に学ぶ者が死んで、どこに生まれ変わるか。
そのようなことを、わたしに尋ねてはならない。」

「世尊よ、このセーニヤは、犬を真似る者、
犬のように、地を這って暮す、裸の行者です。
彼は、この身が壊れた後、どこに転生しますか。」

「止めなさい、プンナよ、それを尋ねるな。
犬に学ぶ者が死んで、どこに生まれ変わるか。
そのようなことを、わたしに尋ねてはならない。」

「世尊よ、このセーニヤは、犬を真似る者、
犬のように、地を這って暮す、裸の行者です。
彼は、この身が壊れた後、どこに転生しますか。」

「止めなさい、プンナよ、それを尋ねるな。
犬に学ぶ者が死んで、どこに生まれ変わるか。
そのようなことを、わたしに尋ねてはならない。」

「三度、断ったのに、汝は聞こうとしない。
言葉が分からない者は、畜生に生まれ変わる。
犬に学ぶ者は、死んだ後に、犬に生まれ変わる。」

 

第二章

「世尊よ、このプンナは、牛を真似る者で、
牛のように、地を這って暮す、裸の行者です。
彼は、この身が壊れた後、どこに転生しますか。」

「止めなさい、セーニヤ、それを尋ねるな。
牛に学ぶ者が死んで、どこに生まれ変わるか。
そのようなことを、わたしに尋ねてはならない。」

「世尊よ、このプンナは、牛を真似る者で、
牛のように、地を這って暮す、裸の行者です。
彼は、この身が壊れた後、どこに転生しますか。」

「止めなさい、セーニヤ、それを尋ねるな。
牛に学ぶ者が死んで、どこに生まれ変わるか。
そのようなことを、わたしに尋ねてはならない。」

「世尊よ、このプンナは、牛を真似る者で、
牛のように、地を這って暮す、裸の行者です。
彼は、この身が壊れた後、どこに転生しますか。」

「止めなさい、セーニヤ、それを尋ねるな。
牛に学ぶ者が死んで、どこに生まれ変わるか。
そのようなことを、わたしに尋ねてはならない。」

「三度、断ったのに、汝は聞こうとしない。
言葉が分からない者は、畜生に生まれ変わる。
牛に学ぶ者は、死んだ後に、牛に生まれ変わる。」

 

第三章

「裸形者よ、人たる者、分別を弁えなさい。
白と黒、善悪を分けていく、四つの業がある。
それでは、この四つの業とは、如何なるものか。」

「第一の業は、苦を報いる、黒い業である。
他を苦しめると、心が重くなり、苦に変わる。
苦を報いれば、苦が酬いられると、解しなさい。」

「第二の業は、楽を報いる、白い業である。
他を楽しめると、心が軽くなり、楽に変わる。
楽を報いれば、楽が酬いられると、解しなさい。」

「第三の業は、無を報いる、黒白業である。
総て諦らめると、心が暗くなり、無に変わる。
闇を報いれば、無が酬いられると、解しなさい。」

「第四の業は、空を報いる、非黒非白の業。
総て明らめると、心が明らかに、空に変わる。
空を報いれば、業を越えられると、解しなさい。」

法悦が湧き上った、彼らは、このように言った。

「ああ、これは、とても、妙なる教えです。
さながら、暗闇の中で、灯火を掲げるように、
仏陀は、私の見えない目に、見せてくれました。」

「仏陀よ、これより、この命が尽きるまで、
私は、心から、仏と法と僧に帰依し奉ります。
三宝の帰依者として、どうか受け容れて下さい。」

こうして、プンナは、在家の弟子となった。
セーニヤは、四ヶ月の間、業を浄化した後に、
正式に、出家の弟子となり、阿羅漢に到達した。


Page Top | My Library Home