My Library Home

カンダラカ経(カンダラカ・スッタ)

仏教

外教の修行者と仏教の修行者



目次

第一章 |  第二章 |  第三章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、チャンパーにある、
ガッカラーという蓮池に、止まっておられた。
そこに、カンダラカが訪れ、このように言った。

「ゴータマよ、これは、稀有なることです。
このように、正しく、比丘衆を導かれるとは。
比丘衆は、正しく導かれて、正しく修めました。」

「遍行者よ、汝が解した、その通りである。
比丘の中には、行を修めて、阿羅漢に到達し、
生存の束縛を断ち、解脱と智慧を得た者が居る。」

「また、比丘の中には、四つの正しい念処。
四念住を確立して、修行に励む者が存在する。
それでは、この四つの処とは、如何なるものか。

第一の処は、身を正しく念じる、身念処である。
第二の処は、受を正しく念じる、受念処である。
第三の処は、心を正しく念じる、心念処である。
第四の処は、法を正しく念じる、法念処である。」

これを聞いて、象使いのペッサが、こう言った。

「ゴータマよ、これは、稀有なることです。
このように、正しく、四念住を説かれるとは。
比丘衆は、正しく説かれて、正しく解しました。」

「象使いよ、汝が解した、その通りである。
人々の中には、苦で分けて、四種の人がいる。
それでは、この四種の人とは、如何なるものか。

第一は、己を苦しめて、他を苦しめる者である。
第二は、己を苦しめず、他を苦しめる者である。
第三は、他を苦しめず、己を苦しめる者である。
第四は、他を苦しめず、己を苦しめぬ者である。」

「ゴータマよ、これは、稀有なることです。
私が望んでいるのは、四番目に他なりません。
他の者は、苦を嫌って、苦に苛まれるだけです。」

「さながら、密林の中に獣が隠れるように、
隠れた煩悩を見通すことは、難しいものです。
それを、世尊は、苦によって、切り拓きました。」

「さながら、象が、道を歩いて行くように、
今、私が進むべき道は、明らかになりました。
世尊が開かれた道を、私は進みたいと思います。」

 

第二章

遍行者のカンダラカと、象使いのペッサは、
仏陀から法を与えられて、喜び帰って行った。
その後、仏陀は、比丘衆に、このように説いた。

「一体、自己を苦しめる者とは、誰の事か。
比丘達よ、苦行を修める者が、存在している。
彼らは、己を苦しめながら、苦に溺れてしまう。」

「一体、他者を苦しめる者とは、誰の事か。
比丘達よ、狩猟を行なう者が、存在している。
彼らは、他を苦しめながら、苦に溺れてしまう。」

「一体、自他を苦しめる者とは、誰の事か。
比丘達よ、供儀を行なう者が、存在している。
彼らは、自と他を苦しめて、苦に溺れてしまう。」

「一体、自他を苦しめない者は、誰の事か。
比丘達よ、梵行を修める者が、存在している。
彼らは、自と他を安らがせ、苦を越えてしまう。」

「比丘達よ、比丘たる者、戒を守りなさい。
仏陀の、弟子が護っている、十つの戒がある。
それでは、この十つの戒とは、如何なるものか。

第一の戒は、殺生を禁じる、不殺生の戒である。
第二の戒は、偸盗を禁じる、不偸盗の戒である。
第三の戒は、邪淫を禁じる、不邪淫の戒である。
第四の戒は、虚言を禁じる、不妄語の戒である。
第五の戒は、冗談を禁じる、不綺語の戒である。
第六の戒は、悪口を禁じる、不悪口の戒である。
第七の戒は、陰口を禁じる、不両舌の戒である。
第八の戒は、貪欲を禁じる、不慳貪の戒である。
第九の戒は、瞋恚を禁じる、不瞋恚の戒である。
第十の戒は、愚痴を禁じる、不邪見の戒である。」

「比丘達よ、比丘たる者、根を守りなさい。
仏陀の、弟子が護っている、六つの根がある。
それでは、この六つの根とは、如何なるものか。

第一の根は、眼により色を感じる、眼根である。
第二の根は、耳により声を感じる、耳根である。
第三の根は、鼻により香を感じる、鼻根である。
第四の根は、舌により味を感じる、舌根である。
第五の根は、身により触を感じる、身根である。
第六の根は、意により法を感じる、意根である。」

 

第三章

「比丘達よ、比丘たる者、境を智りなさい。
仏陀の、弟子が念じている、六つの境がある。
それでは、この六つの境とは、如何なるものか。

第一の境は、何を見ているのか、いつも念じよ。
第二の境は、何を聞いているか、いつも念じよ。
第三の境は、何を嗅いでいるか、いつも念じよ。
第四の境は、何を味っているか、いつも念じよ。
第五の境は、何を触れているか、いつも念じよ。
第六の境は、何を覚えているか、いつも念じよ。」

「比丘達よ、比丘たる者、禅を定めなさい。
仏陀の、弟子が修めている、四つの禅がある。
それでは、この四つの禅とは、如何なるものか。

第一の定は、有尋有伺である、第一禅定である。
第二の定は、無尋無伺である、第二禅定である。
第三の定は、正念楽住である、第三禅定である。
第四の定は、捨念清浄である、第四禅定である。」

「比丘達よ、比丘たる者、智を修めなさい。
仏陀の、弟子が具えている、三つの明がある。
それでは、この四つの明とは、如何なるものか。

第一の慧は、過去の明知である、宿命通である。
第二の慧は、未来の明知である、天眼通である。
第三の慧は、現在の明知である、漏尽通である。」

「比丘達よ、比丘たる者、漏を断じなさい。
仏陀の、弟子が尽している、三つの漏がある。
それでは、この三つの漏とは、如何なるものか。

第一の漏は、欲望から漏れている、欲漏である。
第二の漏は、生存から漏れている、有漏である。
第三の漏は、無明により漏れる、無明漏である。」

これを聞いた、諸々の比丘は、歓喜し実践した。


Page Top | My Library Home