My Library Home

算数目連経(ガナカモッガラーナ・スッタ)

仏教

算術家モッガラーナ



目次

第一章 |  第二章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、サーヴァッティの、
ミガーラマーター講堂に、止まっておられた。
算術家モッガラーナが訪れ、このように言った。

「一段ずつ理解をして、一段ずつ納得する。
算術の教えは、段階的に学ぶ法がありますが、
真理の教えには、段階的に学ぶ法がありますか。」

「馬には、何より先ず、鞍を乗せるように、
比丘衆には、何より先ず、戒を与えるだろう。
真理に於いて、段階的に解く教えは、存在する。」

「婆羅門よ、真理に於いては、感覚を守る。
仏陀の、弟子が護っている、六つの根がある。
それでは、この六つの根とは、如何なるものか。

第一の根は、眼により色を感じる、眼根である。
第二の根は、耳により声を感じる、耳根である。
第三の根は、鼻により香を感じる、鼻根である。
第四の根は、舌により味を感じる、舌根である。
第五の根は、身により触を感じる、身根である。
第六の根は、意により法を感じる、意根である。」

「婆羅門よ、感覚を守る、比丘に対しては、
如来は、次に、食を正しく取らせようとする。
量を弁えて食べ、身体を養うために食べさせる。」

「婆羅門よ、食事を守る、比丘に対しては、
如来は、次に、いつも正しく覚まそうとする。
経行を行い、坐禅を行い、怠惰な状態を避ける。」

「婆羅門よ、覚醒を守る、比丘に対しては、
如来は、次に、いつも正しく念じさせていく。
何を見ているか、何を行うのか、正しく念じる。」

「婆羅門よ、正念を守る、比丘に対しては、
如来は、次に、五つの障害を越えさせていく。
それでは、この五つの蓋とは、如何なるものか。

第一の蓋は、貪りに捕らわれる、貪欲蓋である。
第二の蓋は、瞋りに捕らわれる、瞋恚蓋である。
第三の蓋は、眠りに捕らわれる、昏眠蓋である。
第四の蓋は、焦りに捕らわれる、掉悔蓋である。
第五の蓋は、疑いに捕らわれる、愚痴蓋である。」

「婆羅門よ、五蓋を越す、比丘に対しては、
如来は、次に、四つの禅定を修めさせていく。
それでは、この四つの禅とは、如何なるものか。

第一の定は、有尋有伺である、第一禅定である。
第二の定は、無尋無伺である、第二禅定である。
第三の定は、正念楽住である、第三禅定である。
第四の定は、捨念清浄である、第四禅定である。」

「婆羅門よ、このように、解脱に導く教え、
阿羅漢に導く、段階的な教えが存在している。
実に、こうして、一段を介して、一段を解する。」

 

第二章

算術家の、モッガラーナは、このように尋ねた。

「ゴータマの弟子は、ゴータマに導かれて、
誰もが、究極の目的たる、涅槃に至りますか。
それとも、一部の者は、至らないのでしょうか。」

「バラモンよ、一部の者は、涅槃に至るが、
その一方で、一部の者は、涅槃には至らない。」
「ゴータマよ、その違いは、何に拠るのですか。」

「自ら道を歩む者は、涅槃に辿り着けるが、
自ら道を歩まない者は、涅槃に辿り着けない。
私は、道を示す者であり、道を歩む者ではない。」

法悦が湧き上がった、彼は、このように言った。

「これほど、有り難い教えは、有りません。
あなたの道は、真実であり、真の道理である。
だからこそ、近づき難く、有り難いものである。」

「ああ、これは、とても、妙なる教えです。
さながら、暗闇の中で、灯火を掲げるように、
仏陀は、私の見えない目に、見せてくれました。」

「仏陀よ、これより、この命が尽きるまで、
私は、心から、仏と法と僧に帰依し奉ります。
三宝の帰依者として、どうか受け容れて下さい。」


Page Top | My Library Home