My Library Home

天使経(デーヴァドゥーダ・スッタ)

仏教

神の使者



目次

第一章 |  第二章 |  第三章 |  第四章 |  第五章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、サーヴァッティの、
ジェータ林にある、アナータピンディカ園で、
集まって来た、比丘衆に、このように説かれた。

「比丘達よ、この世には、二つの門がある。
一つ目は、善人が通る、善趣に導く門であり、
二つ目とは、悪人が通る、悪趣に誘う門である。」

「比丘達よ、善人は、身に於いて善を為し、
口に於いて善を為して、心に於いて善を為す。
その身が壊れて死んだ後、彼は善趣に転生する。」

「比丘達よ、悪人は、身に於いて悪を為し、
口に於いて悪を為して、心に於いて悪を為す。
その身が壊れて死んだ後、彼は悪趣に転生する。」

「比丘達よ、この地獄に生まれて来た者を、
地獄の獄卒は、閻魔王に、引き出すのである。
獄卒は、閻魔王に向かって、このように告げる。」

『この者には、正見が無く、善き業が無く、
聖者を誹り、邪見を抱き、悪しき業を積んだ。
閻魔王よ、さあ、この者に、鞭を与えて下さい。』

 

第二章

「閻魔王は、彼に、第一の天使に付いて尋ねる。」

『地獄の罪人よ、おまえは、人界に於いて、
私が遣わした、第一の天使を、見なかったか。』
『いいえ、大王よ、私は、一度も見ていません。』

『生れて来た、赤子の姿を見なかったのか。
三苦の証となる、生の存在を見なかったのか。』
『いいえ、大王よ、確かに、私は見ていました。』

『生を知る事も出来、生を見る事も出来た。
にもかかわらず、お前は、生を越えなかった。』
『はい、愚か故に、私は善を積みませんでした。』

「閻魔王は、彼に、第二の天使に付いて尋ねる。」

『地獄の罪人よ、おまえは、人界に於いて、
私が遣わした、第二の天使を、見なかったか。』
『いいえ、大王よ、私は、一度も見ていません。』

『老いて行く、老人の姿を見なかったのか。
壊苦の証となる、老の存在を見なかったのか。』
『いいえ、大王よ、確かに、私は見ていました。』

『老を知る事も出来、老を見る事も出来た。
にもかかわらず、お前は、老を越えなかった。』
『はい、愚か故に、私は善を積みませんでした。』

「閻魔王は、彼に、第三の天使に付いて尋ねる。」

『地獄の罪人よ、おまえは、人界に於いて、
私が遣わした、第三の天使を、見なかったか。』
『いいえ、大王よ、私は、一度も見ていません。』

『病んで行く、病人の姿を見なかったのか。
行苦の証となる、病の存在を見なかったのか。』
『いいえ、大王よ、確かに、私は見ていました。』

『病を知る事も出来、病を見る事も出来た。
にもかかわらず、お前は、病を越えなかった。』
『はい、愚か故に、私は善を積みませんでした。』

「閻魔王は、彼に、第四の天使に付いて尋ねる。」

『地獄の罪人よ、おまえは、人界に於いて、
私が遣わした、第四の天使を、見なかったか。』
『いいえ、大王よ、私は、一度も見ていません。』

『膨らみ行く、我儘な姿を見なかったのか。
苦苦の証となる、我の存在を見なかったのか。』
『いいえ、大王よ、確かに、私は見ていました。』

『我を知る事も出来、我を見る事も出来た。
にもかかわらず、お前は、我を越えなかった。』
『はい、愚か故に、私は善を積みませんでした。』

「閻魔王は、彼に、第五の天使に付いて尋ねる。」

『地獄の罪人よ、おまえは、人界に於いて、
私が遣わした、第五の天使を、見なかったか。』
『いいえ、大王よ、私は、一度も見ていません。』

『朽ちて行く、死人の姿を見なかったのか。
皆苦の証となる、死の存在を見なかったのか。』
『いいえ、大王よ、確かに、私は見ていました。』

『死を知る事も出来、死を見る事も出来た。
にもかかわらず、お前は、死を越えなかった。』
『はい、愚か故に、私は善を積みませんでした。』

『地獄の罪人よ、すべては、お前の咎である。
為した事が返るまで、獄を抱いて、罪を清めよ。』

 

第三章

「比丘達よ、地獄の罪人に、地獄の獄卒は、
五種連という、非情な刑罰を加えるのである。
それでは、この五つ刑罰とは、如何なるものか。」

「赤く熱した釘を、両手、両足、胸に刺す。
彼は、そのとき、非常に激しい苦痛を受ける。
しかも、悪が尽きない限り、その命も尽きない。」

「鋭く尖った斧で、両腕、両足を切り落す。
彼は、そのとき、非常に激しい苦痛を受ける。
しかも、悪が尽きない限り、その命も尽きない。」

「燃え上がる山を、何度も上り下りさせる。
彼は、そのとき、非常に激しい苦痛を受ける。
しかも、悪が尽きない限り、その命も尽きない。」

「煮え滾ぎる釜で、丸ごと煮られてしまう。
彼は、そのとき、非常に激しい苦痛を受ける。
しかも、悪が尽きない限り、その命も尽きない。」

「高く聳える壁で、丸ごと焼かれてしまう。
彼は、そのとき、非常に激しい苦痛を受ける。
しかも、悪が尽きない限り、その命も尽きない。」

 

第四章

「比丘達よ、獄卒達から、刑罰を受けた後に、
地獄の罪人は、次のような、地獄を巡らされる。」

「糞尿の池に落され、全身を蟲に喰われる。
彼は、そのとき、非常に激しい苦痛を受ける。
しかも、悪が尽きない限り、その命も尽きない。」

「熱く燃えた灰で、全身を焼かれてしまう。
彼は、そのとき、非常に激しい苦痛を受ける。
しかも、悪が尽きない限り、その命も尽きない。」

「熱く焼けた針で、全身を刺されてしまう。
彼は、そのとき、非常に激しい苦痛を受ける。
しかも、悪が尽きない限り、その命も尽きない。」

「鋭く尖った剣で、全身を刻まれてしまう。
彼は、そのとき、非常に激しい苦痛を受ける。
しかも、悪が尽きない限り、その命も尽きない。」

「上と下に流れて、全身を運ばれてしまう。
彼は、そのとき、非常に激しい苦痛を受ける。
しかも、悪が尽きない限り、その命も尽きない。」

「熱く溶けた鉄を、口に入れられてしまう。
彼は、そのとき、非常に激しい苦痛を受ける。
しかも、悪が尽きない限り、その命も尽きない。」

「熱く溶けた銅を、口に入れられてしまう。
彼は、そのとき、非常に激しい苦痛を受ける。
しかも、悪が尽きない限り、その命も尽きない。」

「比丘達よ、このような、地獄を巡った後に、
地獄の罪人は、再び、五種の刑罰を受けるのだ。」

 

第五章

「これを見た、閻魔王は、その昔、こう考えた。」

『悪を為した者は、このような罰を受ける。
ああ、わたしは、人間界に生まれたいものだ。
そして、仏陀に倣って、輪廻を越えたいものだ。』

「比丘達よ、これは、他に聞いた話ではない。
私が自ら知り、自ら見た物を、説くだけである。」

説き終わってから、仏陀は、次の詩句を唱えた。

いつも、この世界には、天使が現れている。
賢い者は、この使いを見て、歓喜に導かれて、
愚かな者は、この遣いを見ず、苦悩に誘われる。

この天使を見とめて、この天意を認める者は、
現世において般涅槃し、一切の苦悩を超越する。


Page Top | My Library Home