My Library Home

象跡喩小経(チューラハッティパドーパマ・スッタ)

仏教



目次

第一章 |  第二章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、サーヴァッティの、
アナータピンディカ園に、止まっておられた。
ジャーヌッソーニが訪れて、このように言った。

「世尊よ、今朝、出家者のピローティカと、
仏陀の智慧に就いて、詳しく語り合いました。
ピローティカは、実に、このように言いました。」

『仏陀は、人や神の中で、最上の方であり、
その智慧は、私が認められる、代物ではない。
仏陀の智慧を、称賛するのさえ、私は畏れ多い。』

『とはいえ、徒に、信じているのではない。
猟師が、四つの足跡を見て、象を悟るように、
私も、四つの足跡を見て、仏を認めるのである。』

『第一の跡は、王族が帰依することである。
彼らが、仏陀に、心から帰依するのを見とめ、
私も、仏陀に、心から帰依しようと考えるのだ。』

『第二の跡は、祭司が帰依することである。
彼らが、仏陀に、心から帰依するのを見とめ、
私も、仏陀に、心から帰依しようと考えるのだ。』

『第三の跡は、家長が帰依することである。
彼らが、仏陀に、心から帰依するのを見とめ、
私も、仏陀に、心から帰依しようと考えるのだ。』

『第四の跡は、沙門が帰依することである。
彼らが、仏陀に、心から帰依するのを見とめ、
私も、仏陀に、心から帰依しようと考えるのだ。』

「世尊よ、まさに、大いなる人物の足跡を、
偉大な聖者の足跡を、見せられた思いでした。
私は足跡に飽き足りず、こうして訪れたのです。」

 

第二章

「バラモンよ、その喩えは、厳密ではない。
仏陀に、信を認めるべき、四つの形跡がある。
それでは、この四つの跡とは、如何なるものか。」

「第一の跡は、正しい戒を守ることである。
仏陀の、弟子が修めている、十つの戒がある。
それでは、この十つの戒とは、如何なるものか。

第一の戒は、殺生を禁じる、不殺生の戒である。
第二の戒は、偸盗を禁じる、不偸盗の戒である。
第三の戒は、邪淫を禁じる、不邪淫の戒である。
第四の戒は、虚言を禁じる、不妄語の戒である。
第五の戒は、冗談を禁じる、不綺語の戒である。
第六の戒は、悪口を禁じる、不悪口の戒である。
第七の戒は、陰口を禁じる、不両舌の戒である。
第八の戒は、貪欲を禁じる、不慳貪の戒である。
第九の戒は、瞋恚を禁じる、不瞋恚の戒である。
第十の戒は、愚痴を禁じる、不邪見の戒である。」

「第二の跡は、正しい定を得ることである。
仏陀の、弟子が修めている、四つの禅がある。
それでは、この四つの禅とは、如何なるものか。

第一の定は、有尋有伺である、第一禅定である。
第二の定は、無尋無伺である、第二禅定である。
第三の定は、正念楽住である、第三禅定である。
第四の定は、捨念清浄である、第四禅定である。」

「第三の跡は、正しい慧を得ることである。
仏陀の、弟子が修めている、三つの明がある。
それでは、この三つの明とは、如何なるものか。

第一の慧は、過去の明知である、宿命通である。
第二の慧は、未来の明知である、天眼通である。
第三の慧は、現在の明知である、漏尽通である。」

「第四の跡は、正しく漏を尽すことである。
仏陀の、弟子が尽している、三つの漏がある。
それでは、この三つの漏とは、如何なるものか。

第一の漏は、欲望から漏れている、欲漏である。
第二の漏は、生存から漏れている、有漏である。
第三の漏は、無明により漏れる、無明漏である。」

法悦が湧き上がった、彼は、このように言った。

「ああ、これは、とても、妙なる教えです。
さながら、暗闇の中で、灯火を掲げるように、
仏陀は、私の見えない目に、見せてくれました。」

「仏陀よ、これより、この命が尽きるまで、
私は、心から、仏と法と僧に帰依し奉ります。
三宝の帰依者として、どうか受け容れて下さい。」


Page Top | My Library Home