My Library Home

アッタカ城経(アッタカ・スッタ)

仏教

アーナンダの教説



目次

第一章 |  第二章 |  第三章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

世尊が亡くなられて、長老のアーナンダは、
ヴェーサリーの、ベール村に止まられていた。
そこに、家主のダサマが訪れると、こう尋ねた。

「尊者よ、世尊が説かれた、教えの中から、
無上の平安を得るため、ひとつを挙げるなら、
どれが挙がるでしょうか、どうか教えて下さい。」

「家主よ、世尊が遺した、教えの集りには、
比丘を、無上の平安に導く、四つの禅がある。
それでは、この四つの禅とは、如何なるものか。」

「第一の禅とは、思いが有り、考えが有り、
欲を捨てて生じる、歓喜を体験する禅である。
その時、全身は、無欲の歓喜で満たされている。」

「第二の禅とは、思いが無く、考えが無く、
想を捨てて生じる、歓喜を体験する禅である。
その時、全身は、無想の喜楽で満たされている。」

「第三の禅とは、正念が有り、正知が有る
喜を捨てて生じる、大楽を体験する禅である。
その時、全身は、無喜の大楽で満たされている。」

「第四の禅とは、大楽が無く、清浄が有る、
楽を捨てて生じる、空性を体験する禅である。
その時、全身は、無楽の空性で満たされている。」

 

第二章

「家主よ、世尊が遺した、教えの集りには、
比丘を、色界の平安に導く、四つの心がある。
それでは、この四つの心とは、如何なるものか。」

「第一は、慈愛が広がる、慈心解脱である。
比丘は、己を慈しむように、他を愛するため、
色界の初禅天である、梵天界に至れるのである。」

「この時、彼らの心から、瞋恚が消え去る。
煩悩の漏れを尽くし、阿羅漢となるのであり、
五下分結を断じ尽くし、不還者となるのである。」

「第二は、悲哀が広がる、悲心解脱である。
比丘は、己を悲しむように、他を哀するため、
色界の二禅天である、光天界に至れるのである。」

「この時、彼らの心から、愚痴が消え去る。
煩悩の漏れを尽くし、阿羅漢となるのであり、
五下分結を断じ尽くし、不還者となるのである。」

「第三は、歓喜が広がる、喜心解脱である。
比丘は、自らを歓ぶように、周りを喜ぶため、
色界の三禅天である、浄天界に至れるのである。」

「この時、彼らの心から、憂苦が消え去る。
煩悩の漏れを尽くし、阿羅漢となるのであり、
五下分結を断じ尽くし、不還者となるのである。」

「第四は、超越が広がる、捨心解脱である。
彼らは、己を超えるように、他を越えるため、
色界の有頂天である、色究竟天に至るのである。」

「この時、彼らの心から、貪欲が消え去る。
煩悩の漏れを尽くし、阿羅漢となるのであり、
五下分結を断じ尽くし、不還者となるのである。」

 

第三章

「家主よ、世尊が遺した、教えの集りには、
比丘を、無色の平安に導く、四つの処がある。
それでは、この四つの処とは、如何なるものか。」

「第一は、空間を越える、四無色定である。
彼らは、有辺を超えて、無辺を越えるために、
無色界の第一である、空無辺処に至るのである。」

「この時、彼らの心から、空間が消え去る。
煩悩の漏れを尽くし、阿羅漢となるのであり、
五下分結を断じ尽くし、不還者となるのである。」

「第二は、識別を越える、四無色定である。
彼らは、有識を超えて、無識を越えるために、
無色界の第二である、識無辺処に至るのである。」

「この時、彼らの心から、識別が消え去る。
煩悩の漏れを尽くし、阿羅漢となるのであり、
五下分結を断じ尽くし、不還者となるのである。」

「第三は、所有を越える、四無色定である。
彼らは、自我を超えて、無我を越えるために、
無色界の第三である、無所有処に至るのである。」

「この時、彼らの心から、自我が消え去る。
煩悩の漏れを尽くし、阿羅漢となるのであり、
五下分結を断じ尽くし、不還者となるのである。」

「第四は、認識を越える、四無色定である。
彼らは、非想を超えて、非非想を越えるため、
無色界の第四である、非想非非想処に到達する。」

法悦が湧き上がった、彼は、このように言った。

「ああ、これは、とても、妙なる教えです。
一つの答えを聞き、十二の応えを享けました。
尊者よ、どうか、わたしの供養を受けて下さい。」


Page Top | My Library Home