My Library Home

地震時の心得10か条

東京都 「防災のしおり」より



第1条 わが身と家族の身の安全!
    大きな揺れは、1分程度です。丈夫なテーブルや机などの下に、身をかくし頭を保護するようにしましょう。

第2条 グラッときたら火の始末 火が出たらすばやく消火!
   火の始末が大きな災害を防ぎます。小さな地震でも火を消す習慣をつけましょう。

第3条 あわてて外にとびだすな!
   むやみに外に飛び出すのは危険です。周囲の状況をよく確かめて、落ち着いて行動しましょう。

第4条 戸を開けて出口の確保!
   特に、コンクリート建てのマンションなどは、地震の揺れでドアがゆがみ部屋に閉じこめれることがあります。戸を開けて出口を確保しましょう。

第5条 戸外では頭を保護し危険なものから身を避けよ!
   屋外にいるとき地震におそわれたら、ブロックべいが倒れたり窓ガラスや看板などが落ちてきます。安全な建物か近くの広い場所に避難しましょう。

第6条 百貨店・劇場などでは係員の指示に従って行動を!
   大勢の人が集まるところではパニックが起きる心配があります。巻き込まれないように、冷静な行動を心がけましょう。

第7条 自動車は左に寄せて停車 規制区域では運転禁止!
   勝手な行動は混乱のもと カーラジオの情報により行動をしましょう。

第8条 山くずれ・がけくずれ・津波に注意!
   山くずれ・がけくずれ・津波の危険地域ではすばやく避難しましょう。

第9条 避難は徒歩で持ち物は最小限度に!
   自動車を使うと、渋滞を引き起こし、消火活動や救援活動の妨げになります。避難は徒歩で、荷物は最小限のものだけにしましょう。

第10条 デマで動くな 正しい情報で行動!
   震災時はデマなどに惑わされやすくなります。報道機関や区市町村、消防、警察などからの情報に注意しましょう。


Page Top | My Library Home