My Library Home

大地震に備える!阪神淡路大震災の5大教訓と提案

南陽消防署

山形県 南陽消防署HPより。



1.教訓 「安全を過信するな!」
 自分の家がつぶれるような事態は、だれも想像したくないことです。しかし、阪神淡路大震災ではおよそ21万戸もの家屋が倒壊・焼失しています。建設省の調査によれば、古い家屋ほど破損が著しく、とくに1981年の建築基準法施行令改正前に建てられた家屋の被害が大きいという結果がでています。木造家屋はもちろん、マンションやビルも老朽化しているものは油断できません。できるだけ早めに家屋の安全度をチェックし、問題があれば修理や補強をしておきましょう。

2.教訓 「逃げ場となる空間を確保しろ!」
 地震の際は、最初の数分間の行動が生死の分かれ目になることがあります。大きな揺れを感じたら、まず安全な場所で身を守ることを最優先しましょう。阪神淡路大震災では「どこへ逃げればいいかわからなかった」という人が数多くいました。ふだんから家具や電気製品などの配置を工夫し、逃げ場となる安全なスペースを確保しておきましょう。部屋が狭い場合や部屋数が少ない場合は、あまり使わない家具を思い切って整理することも検討してみてください。

3.教訓 「家具の転倒・落下を防げ!」
 阪神淡路大震災では、倒れてきたタンスの下敷きになったり、落ちてきた照明器具のガラスなどでけがをする人が続出しました。「家の中の立っている物はすべて倒れた」「ガラスが雨のように降ってきた」との証言もあります。とくに危険なのは、背が高くて奥行きのない家具や電気製品など。転倒防止用の金具などでしっかりと固定しておきましょう。また、照明器具や棚の上の物などは、チェーンやひもなどで固定し、落下を防いでください。

4.教訓 「地域の人々ともっとふれあえ!」
 「家の下敷きになった人を近所の人たちが救出した」「みんなでバケツリレーをして延焼を食い止めた」阪神淡路大震災では、こうした地域ぐるみの防災活動が被害の拡大を防ぐうえで大きな成果をあげたと報告されています。災害時にもっとも頼りになるのは、家族であり、近所に住む人々です。地域コミュニケーションをもっと重視し、ふだんから自主防災活動などに積極的に参加するようにしましょう。また、阪神淡路大震災の犠牲者の大半はお年寄りでした。こうした災害に弱い人々(お年寄り、子供、心身に障害のある人、病気の人、外国人など)にやさしいまちづくりをめざしたいものです。

5.教訓 「日頃の備えは万全を期せ!」
 大きな地震の時は、電気・ガス・水道・電話などのライフラインが寸断されたり、避難生活を余儀なくされることもあります。そんなときに備えて、ふだんから家庭や職場に非常持ち出し品を常備しておきましょう。非常食、水、懐中電灯など、少なくとも3日程度は自活できるように準備してください。いざというときは、すぐに持ち出せるように、あらかじめリュックなどに入れておくとよいでしょう。


Page Top | My Library Home