My Library Home

浅田中尉の遺書

日本陸軍中尉浅田真二

硫黄島が米軍に落ちた後、洞窟に籠もっていた青年達の最後。 「祖国と青年」平成7年6月号より。



閣下の私たちに対する御親切な御好意、誠に感謝感激に堪えません。閣下より戴きました煙草も肉の缶詰も皆で有り難く頂戴いたしました。お勧めによる降伏の儀は、日本武士道の習いとして応ずることができません。最早水もなく食もなければ、13日午前4時を期して、全員自決して天国に参ります。終わりに貴軍の武運長久を祈って筆を止めます。
昭和20年5月13日
                         日本陸軍中尉浅田真二
米軍司令官スプルアンス大将殿


Page Top | My Library Home