My Library Home

本多忠勝の二人の息子

2ch



二人の息子

本多忠勝は正室との間に忠政、忠朝の二人の息子を儲けた。

家康の関東移封にともない、忠勝は上総国大多喜10万石に封じられた。

さて、関ヶ原の戦い後、家康が忠勝に加増してやろうと話を持ちかけると、
「今の石高で十分です。私に加増は結構です」と固辞する。
それでも十分功績はあったのだからと、家康はちょっと考えて次のようにした。

忠勝には、伊勢国桑名10万石を与える。
それとは別に、次男忠朝に上総国大多喜5万石を与える。

どうも忠勝は次男忠朝の方が可愛くて、何とか独立した大名にさせようと工作したらしい。

臨終の際、忠勝は家老に遺言書を預けた。その内容は、

「桑名10万石の相続は幕命により相続。
 その他、武具、馬具、茶道具など一切の物は長男忠政に譲る。
 た・だ・し、
 自分は他に黄金一万五千両を蓄えているが、こ・れ・は、次男忠朝に与える」

これを聞いた忠政は激怒して、「長男が全て相続するに決まってるだろーが!」
と忠朝に黄金を与えなかった。

一方、忠朝は「兄貴のほうが大身だし、何かとお金が必要になるだろうからいらない」
と言って催促をしなかった。

弟の態度を家老から聞いた忠政はひどく恥じ入って、今度は黄金を忠朝に渡そうとする、
忠朝は頑として受け付けない、でどちらも譲らない。
そこで本多一門の者が間に入り、黄金は二人で半分ずつ分けることで話が付いた。

しかし、忠朝は「急用があったらその時渡してもらえればいいです」と兄の蔵に黄金を
置いたまま、とうとう一度も手に取ることもなく、大坂夏の陣で戦死した。

まあ、三人とも立派だったんだよな。


Page Top | My Library Home