My Library Home

お前の好きなようにやれ

2ch



1年半位付き合っている彼が×1だと話した。 
今まで一度も「ダメ」とか「やめろ」と言った事が無い父だったから
いつものように
「お前の好きなようにやれ」
と言ってくれると思ってた。実際は 
「考え直せないのか?」 
でした。。。 この後は、話題を変えてゆったりと飲んでいたと思う。

一緒に実家へ帰り、年越しの晩。
紅白が始まる頃には二人してすっかり酔っぱらいになってた。(母は呑めないので)
それから父が 
ぽつり、ポツリ と話し出した。
「お前は、俺が年いってから(37歳の時)の娘で嬉しかった。
 可愛かったしな(w 
 贅沢はさせられなかったけど大切に育てたつもりだし・・・
 学生の頃のタバコや酒も許した。
 化粧や耳に穴を(ピアス)開けた時だって・・・
 親に迷惑がかからない範囲、
 お前自身で決めたルールを信じてたからな・・・
 でも、
 結婚は違う。
 俺はそぅ思う・・・
 古い人間の考えかもしれないけど、
 賛成できない・・・」と。。。

私が帰る日の朝、駅まで送ってもらう車の中で父が、
「言いたい事言ったらすっきりした。『お前の好きなようにやれ』」
と言ってくれた。
私は「うん」と、うなずく事しか出来なかった。
帰りの高速バスの中で毛布をかぶり、声を殺して泣いた。


Page Top | My Library Home