My Library Home

祖母の置き手紙

2ch



彼との結婚を私(25歳)の父と母は猛反対していました。
彼は昔両親を亡くして、祖父母に育てられていました。

そして4年前祖父が亡くなり、彼は32歳になる今まで84歳の祖母と二人暮らしでした。
それが反対の理由でした。

「何も結婚してすぐに介護が目の前にあるような結婚をする事はない」と。
結婚を申し込みにきた彼と彼の祖母にもそう言い放ったんです。

その2日後でした。
彼の祖母が置手紙を残していなくなりました。

仕事から帰った彼からの電話で、私達は必死で探しました。
探して探して空が明るくなりかけた頃、彼の祖父の眠るお墓の前に座りこんでいる祖母を見つけました。

歳も歳だったので衰弱し、そのまま即入院になりました。
その事がきっかけで、私の両親も私達の結婚を許してくれ結婚式はせず、すぐに籍だけをいれました。

もう10年近く前の話です。
祖母は入院後1ヶ月ほどで亡くなりました。


その時の手紙です。

○○へ(彼の名前)

ばあちゃんは本当に貴方がかわいかった。
貴方のお父さんとお母さんが死んだ時、私のこの先の人生は貴方の為に使っていこうと心に誓いました。
ばあちゃんは年であるしお金も何も何も持ってはおりません。

貴方への愛情だけです。
そして貴方はばあちゃんの事をとてもとても大切にしてくれた。
とてもとても良い子に育ってくれました。

そして人生の伴侶となるべき相手を見付けました。
でもばあちゃんがそれをじゃましているんだね。

幸せになってください。
ばあちゃんは貴方を育てる事が出来た事がとてもうれしいです。

とてもとても幸せでした。
妙子ちゃん(私)と、どうかどうか幸せになってください。


Page Top | My Library Home