My Library Home

仕事と看病で毎日が壮絶な忙しさだった時

2ch



909 :おさかなくわえた名無しさん :2008/07/02(水) 15:42:18 ID:r6fiz/D1
妻が入院して、仕事と看病で毎日が壮絶な忙しさだった時、本当に可哀想な事をしたと思うが、小学1年と2年の息子の食事がとてもおろそかだった。

ご飯だけ炊いておき、フリカケ、海苔、たまご、納豆など、子供だけでも食べれる物をなん種類か冷蔵庫に入れておいて、どうしても遅くなる日は電話して適当に食べてもらってた。

一ヶ月もたつとお互い慣れてきて、その日も「パパ遅くなるから、先にご飯食べて」と電話して深夜1時頃帰ったら、

二人とも起きてて

「パパ、誕生日おめでとう~」て。

「ケーキ作ったよー」て。

見たら、皿にご飯をお椀でパコッと盛ったもの二つに、ジャムをコーティング。

その上に塩辛で『パパ』と書いてあり、回りも綺麗に沢庵とミカンとチョコレートで飾ってあった。

全部、残さず食べた。

今までこんな食生活をさせていたかと。

いろいろ、いろいろ衝撃で涙が止まらなかった。

今は妻も元気で、残業しない会社に転職して毎日揃って夕飯をとってます。


Page Top | My Library Home