My Library Home

お母さんに会いたい。夢でもいいから

2ch



1 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/02/23(金) 19:52:36 ID:lyM/0vMr
19歳の頃、癌で入院中のお母さんに泊り込みで付き添ってた。
その頃私は予備校に行っていた。
お母さんが「看護婦さんになってほしい」って言ったから
一つくらい親孝行したくて、受かった短大諦めて、予備校行った。
理数系全然さっぱり苦手だったけど勉強して受かった。
でも入学の1ヶ月前に逝ってしまった。
 
お母さん、看護婦になって良かったと思ってるよ。
でもお母さんの看病がしたいよ。
あの頃は周りの友達がバイトや短大や、華やかに遊んでるようにみえて羨ましかった。
でも今は、できることならもう一回、お母さんの横に付き添いベッド並べて寝たいよ。
泣けてきたよ。
お母さん。



226 :可愛い奥様:2006/11/21(火) 12:50:56 ID:pZOwzwkH
中学生の時に母を亡くしました。
ショックも覚めやらぬまま、兄と弟と父の食事やお弁当作り、家の掃除や洗濯など
慣れていない主婦業をしながら青春を過ごしました。
辛いとか悲しいとかなるべく考えないように、淡々と忙しく日々を過ごしたのは、
今思えば「家族の生活を成り立たせなければ」と、気が張っていたのだと思います。

お母さん、大学の入学式にスーツを作ったよ。
お母さん、成人式で振袖着たよ。
お母さん、ウェディングドレス着たよ。

お母さんに晴れの姿を見せられなくて悔しいよ。
みんながお母さんと一緒に写真を撮ったりしているのを見て、
とてもさみしかった。辛かった。
スーツも着物もドレスも、ひとりで決めたよ。
おしゃれが大好きだったお母さん、お母さんと一緒に選びたかったよ。
見立ててもらいたかったよ。


294 :可愛い奥様:2006/12/15(金) 11:31:19 ID:/9a7NhwM
長文スマソ。

母が亡くなって、もうすぐ7年になる。
私が小3のとき父と離婚して、女手ひとつで私と弟を育ててくれた。
小学生のころは「なんでうちは父ちゃんがいてないんや。」って母を恨んだりもした。
高校生のころだったか、母と二人で夜遅くまでいろんなことを話したことがあって、
「あんたらをお父ちゃんのいてへん子にしてしもて悪かったんかなぁ。
でも、あのときはその方がいいって思ってん。」
父はギャンブルにのめり込んでて、給料を家に入れないのは当たり前。
職場から前借りしたり、母が貯めていたお金を持ち出したりしてて、
そのことで夫婦喧嘩が絶えなかったらしい。
厳しい母だったけど、一生懸命な人だった。
そんなにしなくても…って思うほど、真面目な人で。
私なんかには、とても真似できないよ…。
母が亡くなる1ヶ月前、初めて彼(今の旦那)を家に連れて行った。
そのとき母が彼に「この子と仲良くしたってくださいね」って。
照れ屋の母にしてみたら、精一杯の言葉だったんだろう。
母に結婚した姿を見てもらいたかった。孫を抱かせてあげたかった。
子どもが好きで、いとこの子たちに浴衣や甚平を縫ってあげていた母。
縫いながら「あんたの子どもが生まれたら、また作ったるからな」って言ってたのに。
お母ちゃん、会いたいです。
つらいとき、泣いて甘えたい。ダラダラしてたら、「何してんの」って叱ってほしい。
私が小さいときどんな子どもだったか教えてよ。
お母ちゃんが作ってくれた料理、作り方聞いておけばよかった。
今さらだけど、「ああしておけば。こうしておけば。」ってことがありすぎて。
お母ちゃん、会いたいよぉ。


370 :可愛い奥様:2007/01/30(火) 18:31:50 ID:Wegqcl3j0
今月の12日に急性心筋梗塞で母が亡くなりました。

小さな地震でも心配してメールをくれた母、たいした用事でもないのに電話を
かけてきた母、実家に帰れば『焼肉♪焼肉♪』とウキウキしてた母、寒い寒いと
家中の暖房器具を点けていた母・・・。
来年リンゴを送ってあげるね、温泉に連れて行ってあげるねと約束してたのに
孫の事だって私には一言も『早く見たい』なんて言ったことなかったのに、
やっぱり見たかったんだね・・・祖母から聞いて初めて知ったよ。

愛犬が死んだらどうしよう・・・なんて心配してたのに
借金返し終わったら『日当たりの良い家を建てる』と意気込んでいたのに
日当たりの悪い家で、冷たく寒いトイレでそっと息を引き取ったお母さん。

私、何一つ親孝行してあげれなかったね。
一人っ子なのに早く家を出てしまって寂しい思いをさせちゃってたね。

お母さんに会いたいよ・・・。


372 :可愛い奥様:2007/01/31(水) 17:13:55 ID:Lrx6ROzu0
母の死から約1年。。。

私が「結婚する」と言って1ヵ月後。
母は入院し手術をした。ガンだった。
その後、手術を受け退院でき結婚式にも無事出席した。
それから2週間後、母は意識をなくして病院へ。
私は手術をしたから治ったと思い込んでいた。
母が病院に運ばれた次の日、父は目に涙を溜めて
「お母さんは、もぅ…ダメなんだ。黙ってて悪かった。」
父の涙を見たのは初めてだった。
意識が戻り話も少しできる様になった。でも、そんな時間も束の間。
眠る時間が多くなり、食事も喉を通らない。
痛み止めで幻覚が見える中で母は私だけを病室に残し
「あんたにも迷惑かけるね。。。」
そう言っていつものように眠りについた。
私は涙が流れないようにするのが精一杯で何も言えなかった。

2週間後、母は静かに息を引き取った。
私は父や兄の様に不思議と取り乱す事もなく、涙も出なかった。
ただ心の中に穴が開いた様な感覚はあった。
今だに心の穴は埋まらない。埋めてはならない気もする。


幸せになりなさい…

お母さん…何もしてあげれなくてゴメンね。
お母さんの分までお父さんに精一杯親孝行するから見てて。
それが私の幸せ。


お母さん…お母さん…会いたい。
一目でもいい。夢でもいいから。


639 :マジレスさん :2007/01/09(火) 17:52:21 ID:OlH8VIk5
夜寝る時に、目を閉じると母の事ばかり考えてしまう。
しかも、元気な時ではなくて具合悪くなって検査受けた時~死までのつらい日々ばかりを。
突然の余命宣告で地獄の一ヶ月半だった。
真実を知らずに死んだお母さん、許してね・・・ごめんね、何もできなくてごめんね。
一人で、病院の狭い相部屋で、どんな気持ちだっただろう。
息できなくなって怖かっただろうな、苦しかっただろうなって想像するとたまらなくなる。
ふっくら小太りだったお母さんが、あんなに小さくなって、骨にまでなって、もうこの世にいないなんて信じたくない。

あとどのくらい?あと何十年も私は一人で耐えるの?
この一年半感じてきた辛さが、この先どのくらい続くの?
この気持ちを共有できる家族も私にはいないんだよ、お母さん。
お母さんの側に行きたい。早く行きたい。


640 :マジレスさん :2007/01/09(火) 19:11:16 ID:9QBIwMd5
>>639
本当に辛かったですね。
私も母に余命宣告を受けている事を隠したままでした
元気になりたい、と一生懸命頑張る母の姿を見ながら何度涙を殺したかわからない。お母さんにすがりていて泣き叫びたいのを堪えるのが必死でした。

未だにどうしてあげたら一番良かったのか答えは出ず苦しい日々です。

あなたの痛みが少しでも和らぐ様に祈ります。
お互い辛いけど、いつもそばにいてくれると信じて頑張ってみよう。ね?



694 :マジレスさん :2007/01/21(日) 10:01:32 ID:JVuGQUJf
最近母の夢を見る。
10年以上前に亡くなったからか、夢で会っても雰囲気そのもの、というか自分の奥底にある母の香りと会ったように感じて、目醒めたら残り香がまだ身に着いている気がする。
母親は、なぜあんなに心地良い、自分にとってありがたい人なんだろう。
母にまた会いたいな。


706 :マジレスさん :2007/01/22(月) 10:36:02 ID:ql7hepA0
夜中に大学病院からの電話で「危篤」と呼び出されて行った時、行ってすぐには母に会わせてもらえなかった。
病院側で治療してる間中、ロビーで数時間、待たされた。
入院した時点でもう助からないと言われていたので、すがる気持ちで祈るだけだった。
やっと部屋に通された時には、チューブをいっぱいつけた母が、苦しそうに歪んだ顔で固まって、意識ないまま横たわっていた。
手を握って泣きながらずっと呼びかけ叫び続けた。
あんなに大きな声で「お母さんお母さん!」て叫んでも母には届かず、朝方息を引き取った。
その時、担当医師が「○時○分」と冷静に告げて後処理をし始めた。
遺体の搬出や荷物整理などが、機械的な流れで淡々と行われていった。
大学病院じゃ患者が亡くなるのは日常茶飯事だろうけど、私にとってはこの世でたった一人の母なのに・・・
たとえ遺体でも、もう少し一緒にいたかった。静かに母と二人だけで、いたかった。

その後も葬儀の準備とか忙しく、母の死を受け止めて実感できないままだった。
骨になって自宅に戻った後、やっと二人きりになれた。
あれから一年半近くが過ぎたけど、時間が立つほど寂しさと苦しさが増してくる。
この先もっとこの気持ちが深くなっていくのかな・・・耐えられない。


795 :マジレスさん :2007/02/17(土) 16:48:30 ID:kzNoUzJD
お母さんが死んだとき、私はまだ五歳だったね。
あの頃は只、入院しているお母さんが別人の様で、怖くて悲しかったのを覚えてるよ。
もっと沢山お見舞いに行ってれば良かったな。

お母さんが亡くなった時も、亡くなった後も
私は、『死』が理解出来なくて、只お母さんが居ない現実があるだけだった。

自分ではそれを受け入れられた―と思ってた。
でも、思ってるだけだった。

先日叔母に言われたよ。「まだ受け入れられて無い事、沢山あるんじゃない?」って。


もうすぐ十三年経つよ。それでもまだ受け入れられずに、三日に二回はお母さんの事考えてる。
おかしいよね。

お母さんの事、もう殆んど覚えてないのに
考えると涙が出てくるよ。

会いたいなぁ。お母さん。
何か言って欲しいよ。


796 :マジレスさん :2007/02/17(土) 19:25:25 ID:rXrqvjH1
>795 お母さんは、あなたを見守っていると思います。お母さんも、「気にしていてくれてありがとう」と言っていると思いますよ。


Page Top | My Library Home