My Library Home

車椅子の姉

2ch



715 :水先案名無い人[sage]:2007/04/24(火) 20:44:50 ID:t4uHaCVQ0
私、歩けないから車椅子の人なんだけど、そんな姉と弟の会話 

弟と川沿いの道を散歩してるとき 
「たまには車椅子押してやるよ」て言われたんで 
弟に押してもらって、そのとき二人で恋愛話した。 
弟は、当時付き合ってた彼女のことを、すごくうれしそうに話してた。 

付き合い始めたとき、弟は 
「学年で一番かわいい子と付き合えることになったんだ」 
とか言って、私に自慢してた。 
その時、写真見せてもらったんだけど 
普通に可愛いけど、でも学年一てほどじゃないだろ?と思った。 
けど、満面の笑みで自慢してる弟みたら、何も言えなかった。 

川沿いの道で弟は、その彼女のことを延々と話しまくった。 
初めてデートしたときのこととか、電話で普段話してることとか 
初めてキスしたときのこととか。 
少しうざかった 



716 :水先案名無い人[sage]:2007/04/24(火) 20:45:18 ID:t4uHaCVQ0
当時私はまだ、彼氏いない暦=年齢だったから、聞いてるだけ。 
聞いてて、寂しかったし、うらやましかったけど 
姉のプライドがあって、平静装って弟の話を聞いてた。 

「で、姉ちゃんは彼氏いるの?」 
て弟に聞かれた。 

「恋愛になんて興味ないし。私、男嫌いだから」 
てそっけなく答えた。 
普通に恋愛楽しんでる弟に負けてるみたいで 
くやしくて、つい強がって、そんな痛いこと言ってしまった。 

弟は私の答え聞いた後、さっきまであんなに喋ってたのに 
突然黙り込んじゃって、黙って車椅子押してた。 
空気重かったから、まずいこと言っちゃったかなあと思ってたら 
弟は、突然車椅子止めた。 

弟は、車椅子の前に回りこんでしゃがみ込むと 
「姉ちゃん、じゃあ俺と付き合おうよ」 
て言った。 



717 :水先案名無い人[sage]:2007/04/24(火) 20:45:48 ID:t4uHaCVQ0
私「はあ?あんた彼女いるじゃん」 
弟「彼女とは別れるよ。だから付き合おう?」 
私「バカじゃないの?あたしたち兄弟だよ?」 
弟「だからさ。俺、姉ちゃんに好きな人できるまでの 
予備燃料でいいよ 
姉ちゃん、他に好きな人できたら 
すぐに俺から乗り換えていいからさ」 
私「意味わかんない。 
あんたさっきまで延々とのろけ話、語ってたじゃん。 
どうしてそんな簡単に彼女捨てられるわけ?」 
弟「俺、姉ちゃん大好きだから」 
私「この浮気者! 
彼女持ちのくせに姉ちゃん口説くな!」 

そう言いながら、私はひざ掛けのブランケット振り回して弟を叩いた。 
弟は私のブランケットが当たらない位置まで逃げると 
「姉ちゃん、恋っていいもんだぜ。 
姉ちゃんには恋愛に素直になってほしいから、 
そのためだったら俺、今の彼女と別れてもいいよ」 
て言った。 

私、弟に見下された気がしてすごく悔しいし 
弟に告られたってのも意味わかんなくて混乱してて 
「もういい。私一人で帰る」 
て怒って、車椅子の向き変えて家に向かった。 

帰り道は弟の歩くペースに車椅子を合わせなかったから 
(車椅子を普通に走らせると歩くスピードより早い) 
弟は小走りに私についてきた。 
途中、いろいろ話しかけたりしたけど、ずっと無視してた。 


718 :水先案名無い人[sage]:2007/04/24(火) 20:46:29 ID:t4uHaCVQ0
弟無視して車椅子走らせてる最中、 
弟がなんであんなこと言ったのか考えた。 
すぐに分かった。 
恋愛に対して意固地になってる私を変えたいからだろうって。 
そのために、自分犠牲にするつもりだろうって。 

私のために必死になってる弟に対して 
私の態度はあまりに大人気ないと思った。 
ゆっくり車椅子のスピード落として、車椅子を止めた。 

「ごめんね。 
さっきのことだけど 
伸くん、私のこと心配して言ってくれたんだよね?」 
弟に謝った。 
もっと、恋愛に対して素直になるって、弟に約束した。 


途中からはいつもの兄弟に戻って、和気あいあいで帰った。 
私「ヘッヘッヘッー。伸君から告られちゃったー 
早速、帰ったらお母さんに報告しなくちゃー」 
弟「うわ。ごめんなさい。 
マジ勘弁してください。何でもします」 

弟をおちょくりながら二人で家に帰った。 
かわいいなあと思った。 

もし、私が付き合うことに同意してたら 
多分、弟はホントに付き合ってくれたと思う。 
そこまで思ってくれる弟に少し不安も感じたけど 
でも、やっぱりうれしかった。 



719 :水先案名無い人[sage]:2007/04/24(火) 20:47:07 ID:t4uHaCVQ0
私が高校生の頃、夜、弟が枕持って私のベッドに来た。 

弟「姉ちゃん、一緒に寝よ?」 
私「はあ?あんたいくつなの?」 
弟「いいじゃん。たまには、昔みたいに一緒に寝よ?」 
私「もうどっちも高校生だよ?何言ってんのよ」 
弟「姉ちゃんさ、俺と寝るの嫌?」 
私「まあ嫌ってほど嫌じゃないけど」 
弟「じゃあいいじゃん」 

そんな感じでぐだぐた話してたら、 
結局、弟に押し切られた。 


ベッドの中で、未来の話をした。 
10年後にはどんな仕事してるのかとか、たわいもない妄想話。 

弟「10年したら、もしかしたら足の移植もできるかもな。 
そしたら姉ちゃん、俺の足やるよ」 

この一言にかなり感動した。 
泣きそうだったけど、必死で我慢した。 



720 :水先案名無い人[sage]:2007/04/24(火) 20:47:39 ID:t4uHaCVQ0
私「いらないよ。そんなスネ毛だらけの足。処理めんどいし」 
弟「おいおいw えり好みするレシピエントなんていねーよ」 
私「てかさ。そしたらあんた歩けなくなるじゃん」 

弟「姉ちゃんさ『代われるものなら代わってあげたい』って言葉知ってる? 
あの言葉言う人ってさ、本心からそう思って言ってるんだと思うぞ?」 

弟「10年後って言ったら、俺26だろ。 
26年も歩いたら、もういい加減いいだろ。 
後はもう、姉ちゃん好きに使っていいよ」 

弟に抱きついて、声出して泣いた。 
くだらない話してる最中だってのに、
くさいこと言う弟なんて嫌いだ。 




伸くん 
結局、伸くんは足を私にくれる前に、遠くに行っちゃったね。 
うそつき。 
骨だけの足なんて、もらってもしょうがねえんだよ。 

伸君がいなくなってからもうすぐ5年。 
姉ちゃんは、まだ引きずってるよ。 
今日も、こうして昔の思い出を2ちゃんに書いて 
一人泣いてます。 


Page Top | My Library Home