My Library Home

育児板・泣いた話

2ch



69 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/09 21:28

私の両親は自営業。 
いつも店で仕事をしていてあんまり遊んでもらえなかった。 
子供の頃は解ってはいたけどちょっとさみしかった。 
そんな私が子供を産んだ。 
母は1日しかない休みの日に 
毎週私を手伝いに来てくれる。 
「大変だろうからいいよ」と言うと、 
「いいの。私はあんた(私の事)に責任がある。親だから。 
孫はどうでもいい。 
子供に対して責任があるの。 
あんたも自分の子供に責任があるんだよ」と言われた。 
母の愛ってこういうものかと感じ、 
自分も親なんだ・・・とちょっと泣いた。 



70 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/09 21:43 

>69 
うちの母も煮たような事言ってました。 
産後の手伝いをするのは、孫がかわいいんんじゃなくて、 
お前(私)がかわいいからしてるんだって。 
わかっている事でも、口に出して言ってもらうと嬉しい。 
おかあさん^^ 


81 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/11 15:56

子供の入院関係の話なんですが。 

うちの子は1歳半の時に、ある手術をしました。 
そのオペ出しの時、 
普通ならストレッチャーに乗せて行くんだけど 
まだ小さいので私が抱いて手術室の前まで行きました。 
そして手術室の看護婦さんに渡そうとすると 
何かを察しているのか、しがみついてきました。 
それでも看護婦さんに抱かれて手術室に入っていく息子。 
閉まる自動ドアから「抱っこして」のポーズの 
息子をただ見つめていました。 
立っていられなかった。 




84 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/11 16:16

初めてのあかちゃんに無我夢中だった。 
ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。 
へとへとに疲れはてて、抱っこでゆすりながら 
「あんたはママを苦しめたいの?ほんとにひどい子だ」と 
悪態をついた日々。 
赤ん坊の気持ちなんて、全然わからない。 
母親の自信なんて、みじんもない。ただ、もがくだけの日々。 

あれから数年たって、娘は五歳になった。 
「あのね、ママ」(もじもじ) 
「なぁに」 


「あたしね、ママのこと、生まれたときからすきだったの」 

あの頃の私が一番聞きたかった言葉。 
やっと聞けた。こっそり台所で泣いた。 



105 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/12 02:10

4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、 
どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 


ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 

「○○ちゃんから、神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」 こっそりと中を読んでみたら、 
「いいこにするので、ぱぱをかえしてください。おねがいします」 
と書いてあったそうだ。 
旦那は去年、交通事故で他界した。 
字を覚えたかったのは、神様に手紙を書くためだったんだ・・・ 
受話器を持ったまま、私も先生も泣いてしまった。 

「もう少ししたら、パパ戻って来るんだよ~」 
最近、娘が明るい声を出す意味がこれでやっとつながった。 


娘の心と、写真にしか残っていない旦那を思って涙が止まらない。 


Page Top | My Library Home