My Library Home

ホームレスが社会復帰しようとするドキュメンタリー

2ch 作者不詳



13 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 14:41:33.67 ID:Ejyye2wY0
ホームレスが社会復帰しようとするドキュメンタリーが苦々しくてずっと記憶に残ってる。
サラリーマンやってたけど50歳ぐらいでリストラされて特に手に職があるわけでもないので再就職もままならず
ホームレスに堕ちてしまった独身男性Aさん。
実は多少絵心があり絵を描くのが趣味。そこで絵を描いて売ることを思いつく。
拾った紙切れに拾ったボールペンで色々な建物や静物をスケッチして売ろうとする。
(悪いけどあまり上手くない・・。)
でも本人は楽しそうに描いていて、仕上がった絵をビニールシートの上に並べている。
ものめずらしさに目をとめ絵を手に取った通行人に
「おじさんね、一応時間と労力をかけて描いたからね、三千円ぐらい頂けると助かるなぁ」と言う。
(つまり一枚3000円で売ろうとしていた。売れたかは不明)
やがてボランティアの女性(Aさんと歳が近いか少し上ぐらい)に声をかけられ、社会復帰しようと決意する。
Aさんに親切な女性。確かにAさんは公園にいる周りのホームレス
(ホームレス生活に年季の入った高齢者ばかり)の人たちとは少し異質だった。
再就職するには住む場所が必要だったが、求職活動の間、女性が自分の家に居ていいと提案する。
Aさん「食っていける仕事が持てもね、絵を描き続けようと思う。いつか絵で食っていけたらいいな。」
Aさんに明るい希望が見えてきた。女性もわが事のように喜んだ。

(ここで別のホームレスの話。のらりくらりとホームレス生活を続けるお爺ちゃんの話)

場面変わってAさんの続き。
ナレーション「そういえば、社会復帰の希望が見えたAさんは、どうなったのでしょうか?」
例の女性の家。浴室を写すカメラ。女性が浴槽を指し、
女性「ここで・・・」
ナレーション「Aさんは入浴中に脳溢血で倒れ、病院に搬送されましたが、そのまま帰らぬ人となりました。」
女性「いつか絵を仕事にしたいってずっと言っていましたよ。ずっと言ってました。
まだ仕事は見つかっていませんでしたけど・・。
お酒飲んでからお風呂に入ったのがいけなかったんでしょうか」
ここでAさんの話はEND

Aさんの夢もちょっと無謀だし、せっかく希望が見えてきた矢先に逝くとか嫌な話だった。


14 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 15:25:28.40 ID:NeQMP6cQ0
>>13
脳内お花畑の幸せな状態のまま逝けてよかったじゃん
生きてたら現実に直面してきっとまた挫折してたパターンだよ


15 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 17:30:24.53 ID:H1eHVNDP0
うん、むしろいい終わり方なんじゃないかと思った


17 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 19:12:38.93 ID:TyKfOyRy0
ホームレスに少々関わり合いのある知人に聞いた話だけど、
ホームレスを3年続けた人が就職できて規則正しい生活に戻ると、
だいたい1割前後の人が半年以内に心筋梗塞等で亡くなるらしい。
ほとんどが風呂場で。

決まった時刻に起きて寝るっていう生活は、それなりに体に負担を強いる。
一番負担なのは風呂で、湯に首まで浸かると心臓にかなり圧力がかかる。
普通の生活をずっと続けていて、それが習慣になっていれば何の問題もないんだが、
ホームレスという、就寝時間も食事も不規則な生活に慣れてしまうと
規則正しい生活に戻ったあと体に予想以上の負荷がかかるんだな。
なので、いつかはホームレスから脱したいと思うなら、3年以内になんとしても定職を探すしかない。
それが出来なかったら、そのままホームレスを続けるか死亡しない確率9割にかけて再起するか、悩みどころ。
まあ>>14,15さんの言う様に、
立ち直った自分の生活を夢見ながら、風呂にのんびりつかってる間に心臓が止まるってのも
結構幸せな最期かもしれないよなあ。


Page Top | My Library Home