My Library Home

ディズニーランドのインフォメーション

2ch



ある日、
ディズニーランドのインフォメーションに、
お父さんが元気なさそうにやってきました。

インフォメーションのスタッフが、
「いかがいたしましたか?」
と聞いたところ、
そのお父さんは、
 「実は今日、子供と一緒に来ました。
  子供が、ミッキーちゃんだとか、
  ミニーちゃんだとかのキャラクターに
  サインをしてほしいと言っていたので、
  サイン帳を持ってきたんです。
  子供は、キャラクターを見つけては、
  一人一人にサインを書いてもらっていました。
  そして、あと少しでそのサイン帳が全部埋まる、
  というところで、
  そのサイン帳を失くしてしまったんです。
  サイン帳、落し物で届けられていないかと
  思って来て見たんですが、ありませんか?」

と言ったそうです。

そのインフォメーションには、
サイン帳は届けられていませんでした。


そこで、そのスタッフは、
考えられるいろんなところに電話をしてみました。
ところが、どこにも届けられていなかったんですね。

そこで、そのスタッフは、
サイン帳の特徴を詳しく聞いた後、

 「いつまでご滞在されますか?」

と聞いたそうです。

その家族は2泊3日で来ていたので、
2日後のお昼には帰らなければならなかったそうです。

スタッフはそれを聞いて

「それでは、この後、もう少し探してみますので、
  2日後、お帰りになる前にもう一度こちらにお寄りいただけますか。
          多分、それまでには見つけられると思います 」

と言ったそうです。




そして、お父さんが帰られた後、
そのスタッフはさらに、
細かな部署に電話をかけて聞いてみたり、
自分の足で、駐車場や心当たりのある場所に
探しに行ったそうです。


ところが、やっぱり、どうしても見つからなかった。
もしかしたら、それを拾った人が、
「すごい! これみんなのサイン、書いてある」と
喜んで持って行っちゃったのかもしれない。
でも、とにかく見つからなかった。
で、そのスタッフの子は、どうしたかって言うと、
結局、そのサイン帳と同じサイン帳を自分で買って、
自分の足で、いろんな部署をまわって、
キャラクターのサインを全部書いてもらって
当日を迎えたそうです。
当日、お父さんがやってきました。
多分見つからないんだろうなという気持ちで
来たんだと思います。


お父さんは、
「どうでしたか?」
と聞きました。


すると、スタッフの子は、

「申し訳ございませんでした。
 そのサイン帳は見つけることができませんでした。
 でも、お客様、こちらのサイン帳をお持ち帰り下さい。」

と言ったそうです。 

お父さんがビックリして中を見ると、
キャラクターのサインが全部書いてあった。

お父さんは、もちろん大喜びして、
「ありがとうございます!」
と持って帰ったそうです。


…で、この話はまだ終わらないんです。



後日、
ディズニーランドにそのお父さんからの、
一通の手紙が届きました。


先日は「サイン帳」の件、ありがとうございました。
実は、連れて来ていた息子は
脳腫瘍で「いつ死んでしまうかわからない」
…そんな状態の時でした。

息子は物心ついたときから、テレビを見ては、

「パパ、ディズニーランドに連れて行ってね」
「ディズニーランド行こうね」

と、毎日のように言っていました。

「もしかしたら、約束を果たせないかもしれない。」

 …そんなときでした。
 
「どうしても息子を
    ディズニーランドに連れて行ってあげたい。」

と思い、命が、あと数日で終わってしまうかも
知れないというときに、ムリを承知で、
息子をディズニーランドに連れて行きました。
その息子が夢にまで見ていた大切な「サイン帳」を
落としてしまったのです。

あの、ご用意頂いたサイン帳を息子に渡すと
「パパ、あったんだね! パパありがとう!」
と言って大喜びしました。


そう言いながら息子は数日前に、息を引き取りました。
死ぬ直前まで息子はそのサイン帳をながめては、

「パパ、ディズニーランド楽しかったね!
         ありがとう!また、行こうね」

と言いながら、サイン帳を胸に抱えたまま、
永遠の眠りにつきました。



もし、あなたがあの時、
あのサイン帳を用意してくださらなかったら、
息子はこんなにも安らかな眠りにはつけなかったと思います。


私は、
息子は
「ディズニーランドの星」
になったと思っています。


あなたのおかげです。


本当にありがとうございました。



その手紙を読んだスタッフは、
その場で泣き崩れたそうです。

もちろん、
その男の子が死んでしまったと
いう悲しみもあったと思いますが、

「あの時に精一杯のことをしておいて、本当に良かった」

という、安堵の涙だったのではないでしょうか。


Page Top | My Library Home