My Library Home

鍋つかみ

作者不詳

2ch



[225] 名前: 名無しさん@そうだ選挙に行こう [ sage ] 投稿日:2005/09/11(日) 23:23:15 ID:WBTFdC8g0
かーちゃんが亡くなってから5年ほど経つんよ。
んで、夕飯とかは俺が準備してんだけど、いつものように準備してたら、
親父が急な会議で夕飯がいらなくなってね。
で、一人でご飯の準備してたら、ものすごく寂しくなってさ。かーちゃんの
ご飯が食べたいなぁって思ってたら、涙が止まらなくてね。
魚が焼けたんで、鍋つかみをつけて魚を焼くのグリルを引っ張ってたら、
指先に何かが当たったんよ。何か、細かいものが。
鍋つかみを振ったら、小さな緑色の宝石が出てきた。
状況的に考えて、指輪の宝石が鍋つかみの中で取れて、それが残ってたと思
うんだけど、うちには指輪つけるような人は、かーちゃんしかいなかった訳で。
この鍋つかみは、5年間ずーっと使ってるやつだから、今まで気づかなかった
のが不思議でさ。
なんとなく、かーちゃんが寂しがってる俺を元気づけようとしてんのかなー
なんて思ってさ。

かーちゃん、がんばるよ。


Page Top | My Library Home