My Library Home

幼かりし日、好きだった光景

2ch



7 :大人になった名無しさん :2005/08/30(火) 12:42:36
夏の日曜日の夕方6時頃。
日がまだ落ちきってない夕焼け空と網戸ごしに聞こえる蝉の鳴き声。
ちびまる子ちゃんやサザエさん見ながら夕食できるの待って明日学校かぁと切なくなる感じが懐かしい。


11 :大人になった名無しさん :2005/09/03(土) 23:02:40
小さい頃ばあちゃんと野草とりにいった近所のかなりでかい雑木林。
小川もあった。
今は宅地化されちゃったな。
あとばあちゃん家。
でかくて夏は風通しがよくて涼しかった。
冬はばあちゃんが料理つくってる隣でおもちゃで遊んでたり、学校でいじめられたりしたこと半べそかいて話してた。
でも、そこも色々あって取り壊されて…。
今でもばあちゃん細々と元気にやってっけど懐かしくて泣けてきたな…。


25 :大人になった名無しさん :2005/09/20(火) 14:27:43
夏、学校のプールから帰るとき
太陽にウナコーワのチューブを透かして
青い光に・・・・ry


26 :大人になった名無しさん :2005/09/20(火) 17:45:48
じいちゃんの家の裏山にワラビ取りに行ってた。
何故か山なのに中に入ってそこから外見たら二階建ての二階にいるような錯覚になった。
森なのに。
じいちゃん死んでもう8年たって今じいちゃんちに住んでるけど森も木が切られて針葉樹ばっか植えられて入れなくなったけど夏に森を見ると何か思い出す。

81 :大人になった名無しさん :2005/11/30(水) 17:34:33
空き地で遊んでると、母が「ご飯よ~」って呼びに来た光景かなぁ。
手を繋いで、何して遊んでたの~?なんて話しながらの帰り道も。
父が公務員だから帰宅も夕食も早くて、いつも一番に抜けてた。


82 :大人になった名無しさん :2005/11/30(水) 20:07:21
夕焼けで染まる校舎や運動場。
家路の途中、各家庭の晩御飯の匂いが何処からもなく馨って来る。
ここの家は焼魚だな、あの家はカレーだなぁ旨そうだな…
重たいランドセルを背負って急いで帰ると、優しい婆ちゃんと明るい母ちゃんが台所で出迎えてくれる。


87 :大人になった名無しさん :2005/12/17(土) 13:55:51
景色とは違うんだけど。
田舎育ちで、初夏の夕暮れになると周辺の田んぼでは一斉に農薬散布をしてた。
作業終えて帰ってきたじいちゃんの作業着からは、その農薬のにおいがほんのりついてて、体には悪そうだけど
なんか好きだった。


90 :大人になった名無しさん :2005/12/18(日) 15:00:42
光景っつか、小学校の図書館なんだけど。
黴とインキと床のニスの交じり合った甘い匂いがして、夏でもひんやりしてた。
奥には司書の先生のいる雉の剥製とかのある暗い部屋があって、別世界のようだった。
家では本なんて買ってもらえなかったから、おとぎ話の類は全部あの図書館で読んだ。
木造校舎はもうずっと昔に建てかえられてしまったが、帰りたいところなら、あの図書館かもしれない。


104 :大人になった名無しさん :2006/01/30(月) 01:11:16
風景っていうより、音や匂いが頭に焼き付いている。
初夏の夕暮れ時、風呂に入りながら聞こえてくる蛙の声が心地よかったな。
真夏の蝉の声、縁側で涼みながら聞いた遠くの花火の音、秋の静かな夜の鈴虫の音とか。
悪友と作った秘密基地に行く時に漂ってきた草の匂い、春にやってきた屋内消毒の匂いが妙に懐かしい。


107 :大人になった名無しさん :2006/02/06(月) 01:24:25
夏の湘南の海。夕方、海水浴客が帰るとね
静かな波音がザザァーて聞こえて、夕焼けに近い光に透けて波の中に魚が群れで泳いでるのが見えるんだ。
海は金色にキラキラ光って綺麗だったな。
近所の犬がフリスピーで遊んでもらってたり、その時間はもうひとつ別の顔の湘南。
あの季節・あの時間・あの場所が自分のお気に入りだった。
引っ越しを繰り返してからは行っていないけど変わってないといいなー


108 :大人になった名無しさん :2006/02/06(月) 23:14:56
雪の降る日の夕方ごろ、近くの運動場のど真ん中に大の字になって空を見上げる
しんしんと降る雪は周りの雑音を消し去り、周りは無音の世界となっている。
まるでこの世界に自分一人が取り残されたような感覚に襲われるが、不思議と
寂しさは無かった。
むしろ、何か神秘的な、ファンタジーの世界に入ってしまった
ようでワクワクした感覚すらあった。
ふっと我に返ってみると、いつの間にかそこそこの時間が経っていて、
「そうえば腹減ったなー」てな感じで家路に着く。
家では暖かくてウマーなご飯が待っている。

あの時は良かったよ、、、、。



189 :大人になった名無しさん :2006/09/02(土) 12:38:33
晩秋の夕暮れ。
富山のとある町の橋から見える頂上から山腹にかけて雪化粧した立山連峰。
真っ青な空を背にして美しくオレンジ色に照らされ輝いていた。
あの頃に戻りたい。
(ρ_;)


190 :大人になった名無しさん :2006/09/02(土) 16:03:43
西新宿の高層ビル。

明け方、中野から見ると、巨大なオブジェのように見え、所々に明かりがついていて、未来都市のようだった。
日が昇ると、都心の方から街のざわめきが聞こえてきて、これから1日が始まるンだぁって、子供心に感じた。


Page Top | My Library Home