My Library Home

心ではシブシブ、顔は笑顔で席を譲った

2ch



395 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2008/04/19(土) 05:19:27 ID:4IwJGHVx
>>345
なんかわかるw
私も仕事でミスが重なり怒られっぱなし、焦りまくりっぱなしで
ほとほと疲れた帰り道のこと

私は東京駅から中央線を利用してたんだけど疲れててどうしても
座りたくて止まっている電車に乗らず次の電車に乗った(東京駅が始発)

にもかかわらず満員になった電車が発車する直前になって年寄りが
私の目の前に・・・・(もちろん優先席ではない)
ついてないなと思った

クタクタに疲れてて正直寝たふりしちゃおうかなとも思ったけど
心ではシブシブ、顔は笑顔で席を譲った、つもりだった。
だがそのお婆さんは
「お嬢さん、疲れているでしょう、私は大丈夫ですよ」と
シワだらけの小さな目で微笑んだ

私はそんなに疲れた顔してたのかとハッとした
でも今更引っ込みもつかないので空元気で席を進めた
お婆さんは「ごめんなさいね、ありがとう」と言って
座ってくれた

お婆さんは「カバン持ちましょうか?」などと声を
かけてくれて降りる時も「ありがとうございました」と
お礼を言って降りていった

なんでもないささいな出来事だったんだけどお婆さんの
優しそうな風貌に癒されたのかな?
あんなに落ち込んで疲れ果てていた自分がすごく元気を
もらった気がした

多分、席を譲らず寝た振りをしてたら疲れ果てたまま
家に帰ってその後も落ち込んだまま「明日仕事行きたくねーなー」
と思いながら眠りについたと思う

でもお婆さんに笑顔と元気をもらって、なんだかどんよりした気分が
軽くなったのを思い出した


Page Top | My Library Home