My Library Home

独身女性にとっての理想と現実

2ch



210 :名無しさん@├\├\廾□`/:2011/11/11(金) 17:26:18.92 ID:sshb859H

    /\___/ヽ    ヽ
   /    ::::::::::::::::\  つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|  わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::| ぁぁ
    『独身女性にとっての理想と現実』
.   |    ::<      .::| あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ ぁあ


理想:人に叱られることなく贅沢な料理ばかり少しずつ食べる。
 現実:ポテチやインスタントばかりで二の腕たぷたぷ。

理想:トレンディドラマのような独身部屋を満喫。
 現実:ゴミ溜めのような部屋で生活。

理想:高尚な趣味を楽しむ。
 現実:BLの世界に浸かって腐女子と呼ばれる。

理想:好きなだけコメディ映画を見て毎日笑って暮らす。
 現実:恋愛映画を見て寂しくなる。

理想:将来の約束なしに複数の男性とお近づきになる。
 現実:近づけないので草食男子を叩く。

理想:合コンでモテモテ。
 現実:缶チューハイ飲みながら「今の男ってホモなんだわ」と愚痴る。

理想:玉の輿結婚して専業主婦になり楽して暮らす。
 現実:誰も結婚してくれない。

理想:恋人とうまくいってない友達を余裕たっぷりにからかう。
 現実:気まずくてカップルたちと一緒になんていられない。

理想:なろうと思えば男よりも論理的で男よりも仕事ができると評判の女上司になれる。
 現実:家事手伝いになれる。

理想:自分に好意を抱いてるはずの男に自分は独身だと伝える。
 現実:その男は「あんたが独身だから何なの?」と思っていたことを知る。

理想:彼に優しく抱かれる。
 現実:スキンシップ恐怖症。

理想:相手の両親に気を使わなくていい。
 現実:自分の両親が気を使っていた。

理想:運命の男性に出会う。
 現実:運命の扉は全く開かないことを老いてから知る。


Page Top | My Library Home