My Library Home

パソコンをいじっているばかりの30代前半の発注担当の独身男

2ch



職場の同僚の話。
いつも自分のデスクでパソコンをいじっているばかりの30代前半の発注担当の独身男。 
口うるさい上司やお局様に目を付けられてて事あるたびに「仕事しろ」だの「何年働いてんの」とか小言を言われて、雑務を言いつけられたりしてた。  
ある日、本社からの指示でこの同僚が長期休みを取ることに。 
遊んでばかりでどうして休暇が取れるのかと上司やお局様はここぞとばかりに陰口の連発。 
比較的手が空いている同僚3人がヘルプに入った結果、激務とストレスで彼の休暇明けと入れ替わるように全員休養することに。 

あとで本社の方に聞いた所、8時始業なのにひとりだけ6時始業でひと月の休みが2日しか無い状態を繰り返してたらしく。 
遊んでいるように見えてたのも過去10年のデータを全部洗い直してる作業で、実際にはそれを活かして現在の仕事の効率化をしていたそう。 
ひとりで3人分以上の仕事をしていたことが判明し、上司とお局様は少し静かになって職場環境が良くなった。 
が、3人休養した事で自分達の仕事量が激増して、上司とお局様の小言も結局元通りになった。 
ちなみに彼に「結婚しないの?」と聞いたら「結婚なんてしたらストレスで3日で倒れる自信がある」と言い切った。 

上司ってのは営業部の部長。自分は事務。
お局様は経理担当で彼は発注担当。 
ウチの会社は少々特殊でそれぞれの専門性が高すぎて総合的な判断は本社が統括してる。 
上司とはいっても実際には畑違いの役職持ちってだけでどんな仕事してるか把握してないっぽい。 
こないだも

「返品額が高すぎる」

って彼に文句言ってたけど、彼は

「返品率に直すと0.06%なんですけどこれ以上減らそうとすると売上無くなりますよ?」

って反論してた。 
数字の意味がよく分からなかったから本社の発注担当に聞いたら「化物だ」って絶句してた。


Page Top | My Library Home