My Library Home

お客さーん!

2ch



687 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/07/02(日) 12:10:23 ID:aDYgBlLk

小さいパン屋で買い物をし終わって、店から出て携帯で
メールしてたらパン屋の袋ぶら下げたおじいさんが店から出てきた。

そして甚平を着た同い年ぐらいの男が店内に入っていった。

おじいさんが車に乗って発進した直後、店内から
店長のおばちゃんが慌てて出てきた。

手に傘を持って

「お客さーん!」

と呼び止めるもおじいさんには聞こえず、おじいさんの車はどんどん遠くに。
それを走って追いかける少し小太りのおばちゃん。

ここで、ようやく
『あのおじいさんは傘を忘れていったのか』
と理解でき、私も走って追いかける。

さすがにまだ現役高校生なのでおばちゃんよりは足が早く、
おばちゃんには追いついた。

私    「おばちゃん!その傘あの車の人のですか?」
おばちゃん「はぁ、はぁ、えぇ、そうなの、はぁ、はぁ」
私    「まかせて下さい!」

そしておばちゃんから傘を受け取り全速力で走る。
現役バレー部のこの私を舐めるなー!!

だけど甘かった。
全然追いつけそうにない!
とにかく一心不乱に走っていると後ろから
ギシギシと凄い音が聞こえてきた。


688 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/07/02(日) 12:11:19 ID:aDYgBlLk

なんとさっきの甚平着た男が自転車で私の横に並んで、
いきなり「傘ァ!!」と。

びっくりしたけど傘を渡した。

そしたらまたママチャリとは思えない程の速度で自転車を
ギシギシといわせながら、車を追いかけていった。

もう疲れ果てて立ち止まって一息ついていたら、
後ろから店長のおばちゃんが小走りで追いついてきた。

おばちゃんもさっきの甚平男から

「あの子はあの車を追いかけてるんですか?」

と聞かれたらしく、二人で大丈夫かなぁといろいろ話していたら、
なんとおじいちゃんの車がさっきの甚平男と戻ってきた。

おじいさんが「いやー、どうもすみません」と
店長にお礼を言うと店長が

「いえ、私じゃなくてこの子達にお礼を言ってあげて下さい。」

と言い、私もその甚平男も店長とおじいさんから凄いお礼され、
なんとも嬉し恥ずかしい状態になった。

店長も甚平男も、いい人達でした。

なんか日本語めちゃくちゃかもしれませんが長文すみませんね。


Page Top | My Library Home