My Library Home

斜めにいた親子が何やら私たちの悪口を言っている

2ch



474 :名無しの心子知らず[sage]:2011/12/28(水) 00:21:51.65 ID:W0fVVVqX
臨月で4歳の子を連れて電車にのってたんだけど、割りと混んでて座れなかった。
まあ慣れてるし子供も大人しいから全然平気だったんだけど、丁度席を譲ってくれたサラリーマンがいた。
そしたらその隣の女の人も退いてくれて子供と座れる事に。
勿論お礼を言って親切にムズムズしていると、斜めにいた親子が何やら私たちの悪口を言っている。
妊婦だからってエラソーに。とか、腹でかいのに電車乗んなよー。とか、
あのガキよりうちの子の方が小さいんですけどー。とか聞くに絶えない悪口を言ってきた。

偉そうにしてるつもりなんてないし、何より席を譲ってくれた人に申し訳ない気持ちになった。
そしたらその親子の目の前に座ってる大人しそうなおばあちゃんが
あんたらね、人として恥ずかしくないんかい?お嬢ちゃんはね、保育園からやり直しといで。
僕はね、こんな大人になったらいけないよ。と言った。


475 :名無しの心子知らず[sage]:2011/12/28(水) 00:26:53.69 ID:W0fVVVqX
皮肉にもその親の子供の男の子が笑顔でうん!って言って、親は顔真っ赤かにして何も言えなくなってた。
おばあちゃんと子供、席を譲ってくれた人GJ


Page Top | My Library Home