My Library Home

娘の結婚と「ダウリー」

2ch



1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/06/15(金) 14:28:27.96 ID:???
レシュマ・バヌさんは携帯電話の小さな画面を見つめていた。
そこに映っているのは、生後3カ月でこの世を去った娘のアフリーンちゃんの姿だ。

警察によれば、アフリーンちゃんはかみ傷やタバコによるやけどに加え、首を脱臼した状態で
病院に運び込まれ、死亡した。犯人として逮捕されたのは実の父親だった。

インドでは女の子だという理由で幼い命が絶たれるケースは珍しくない。
多くの場合は人工妊娠中絶という形で、女の子は「間引き」される。

インドでは伝統的に、男子は跡取りであるのに対し、女の子は結婚すれば家を出て行く存在だ。
おまけに娘を結婚させるには「ダウリー」と呼ばれる持参金や贈り物が必要となる。

4:七つの海の名無しさん:2012/06/15(金) 14:31:27.13 ID:87QxR68E
中国みたいに、嫁がたんなくなるぞ

66:七つの海の名無しさん:2012/06/15(金) 16:14:03.88 ID:iEHJm3UX
>>4
中国の方が酷いけどね。1年間に1300万人の中絶だからさ。

20:七つの海の名無しさん:2012/06/15(金) 14:52:20.11 ID:qziYpF8w こういう持参金の不公平をなくすために、自分の息子に嫁をもらうときには、
自分の娘を相手の家の嫁に出すという交換方式をやってるところもある。
だから金を惜しんで息子だけ育てた家は、結局嫁が貰えない。

21:七つの海の名無しさん:2012/06/15(金) 14:54:29.56 ID:qziYpF8w
>>20
日本の農家も、息子に嫁が来なくて困ると言う割には、自分たちの娘は農家と結婚させるとかわいそうだから
町に出してサラリーマンと結婚させてる矛盾…


Page Top | My Library Home