My Library Home

実家が「餅屋」なので勝手に語らせてもらう

2ch



399 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/02/04(金) 08:40:27 ID:baND74ZE
需要あるかわからんけど、実家が「餅屋」なので勝手に語らせてもらう!

自分は毎日手伝っていたわけではなく、ここぞ!という日しか
借り出されなかったので、わからない部分もあります。と最初に言っとく。

規模としては、田舎にある小さな自営業のお店なので
全部自動化してるような大量生産の工場というよりは
街のお豆腐屋さんとかあんなかんじでとらえてもらえれば。

あつかう商品は、あくまでも「餅屋」なのでもち米をつかった食べ物のみ。
大福、のし餅、祝い事用の紅白餅、おこわ、赤飯、ごま餅、もち撒き用(神事で撒くんです)くらいかな。
たまに、団子くださいって言われるんだけど、上にも書いたように
うちは「餅屋」なので団子はない。団子がある餅屋、餅がある団子屋もあるだろうけどね。
団子と餅、そして饅頭の違いはググると楽しいので一度調べてみるといいですよ。

あと、さとうの切り餅とか、ああいうスーパーで売ってる大量生産品は
大概が、ついた餅ではなく、なんといったらいいか
「練って」作られたといったほうがあってるような作り方なんで
食感が全然違います。一度、きちんとついた餅を食べてみてね。


続きます


400 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/02/04(金) 08:41:48 ID:baND74ZE
田舎の小さな餅屋の続き
○普通の日(店頭販売とちょっとした配達しかない日)の流れ

朝5時くらいにもち米をふかす巨大蒸し器に点火。
ふかしてる間に餡子を作る。
うちの場合、餡子用の大きな釜があり、そこに小豆やら水あめやらを入れ、
その後は自動で動く巨大しゃもじがかきまぜてくれるんで、
こげてないかとか、小豆の質によってゆで時間変えたり
材料の配合変えたり、そういった微調整が人間の仕事です。
まぜるだけ、ふかすだけ、とかは機械ができるけど微調整は結局人がやらなきゃいかんそうな。
大きな釜は、給食室によくあるカレーとか作ってる釜と似てる。
もち米がふかし終わったら、餅つき機にもち米を投入する。
杵は自動で降りてくるが、餅をかえすのは人力・・・。
餅つき機の前に座り、臼と杵に餅がべったりくっついたままにならぬよう
水をつけつつ、餅をかえす。
餡子が完成し、餅つきもおわったら大福を丸める。
大福が完成したら、ショーケースにならべる用の木箱に入れて、店頭にもっていく。
あとはごま餅用のごまシロップ作ったり、
注文分の赤飯とか大福、のし餅とかを注文の時間に間に合うように作りつつ
合間を見て朝食。ここで大体8時半ちょい過ぎくらいか。
自分と兄弟が高校生の頃はこれ待ってたら遅刻だったんで、
外で別な仕事してる父親と一緒に7時くらいに食べてたな。
朝食がおわったら、時間的に余裕のある午後の注文分を作ったり、
気の早い近所のジジババが朝早くから大福買いに来るんで接客したり。
店頭販売分が無くなったら、お店は閉店。追加で作ったりはしない。
午後の配達が終わったら夜までは特になにもない。
夕飯食べ終わって寝る前にもち米を研いで、でっかいポリ製の
桶に水を張り、もち米を朝までひたしておく。そして就寝。

ふつうじゃない日に続く。


401 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/02/04(金) 08:49:32 ID:baND74ZE
田舎の小さな餅屋の続き2
○普通じゃない日(大量注文の日)の流れ

成人式、上棟式や、船が出港する時等に行う「餅撒き」、
その他いろいろ大量注文のはいる日ってのがあるんだが
一番すごいのがやっぱり「正月用の鏡餅とのし餅」

普通の大量注文だったらパートのおばちゃんを何人か雇うだけで済むんだが年末は違う。
忙しくなるのが、クリスマスの浮かれ気分も終わった27日くらいから。
まず、製造は昼夜問わず交代に仮眠を取りながら、パートのおばちゃん達も巻き込みつつ
蒸し器も餅つき機もフル稼働。工場や店どころか居住部分の廊下も全部、
箱入りの餅で埋め尽くされる。
餅に一切触れてないのに、あらゆる粉が舞っているのか、
黒い服を着て廊下を歩くだけで心なしか白くなる。
で、製造のほうでいっぱいいっぱいで配達する人が足りなさすぎるので
近所の屈強な若い男達がバイトとして借り出され、
自転車で朝から夕方まで街中を駆け回り配達する。
大福まるめるのが下手すぎて「おめーはひっこんでろ!」と
戦力外通知を出された自分も、この時ばかりは手伝わされた。
主に、出来上がった餅を箱詰めするのと、男共が大量に食うんで
毎日トンカツ用のキャベツ刻んだり米炊いたり、尋常じゃない量のカレー作ったり担当w
フル稼働は31日夕方まで続き、それが終わってからやっと大掃除。
ていうか終わってからじゃないと粉舞ってるから大掃除しても意味ない。
三が日はさすがに休む。
三が日があけると、新年会用や、成人祝い等これまた祝い事が大量なので
正月用ほどではないがやはり徹夜で餅作る。12~1月は一番忙しい。

こんなかんじです。


Page Top | My Library Home