My Library Home

度々「小銭貸してくれない~?」と言われて不快

2ch



147 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 15:36:29 ID:aAdJDdhu
すみません文章下手で長いです。

仕事の合間にバイトしてたんだけど、そこで自分と同じぐらいの歳の同僚A(親しくない)から
度々「小銭貸してくれない~?」と言われていてちょっと不快だった。
額も200円以内で、数十円の事もあったし初めは「まぁいいか」と思って渡してたんだけどさ。
(コーヒーとかジュースとか、自動販売機で何か買おうとしていたみたい)
一応相手が年上だったしバイトでも先輩だったって事もあって、断り辛かったのもあって。
ほとんど返してくるんだけど、私は本業があるからしょっちゅうバイトに入っている訳じゃない。
月に数日しか顔を合わさないので、何度か忘れられる事が出てきた。
でも数十円を返してくれとは言い辛く、忘れる事にして、次から小銭がないと言おう!と決心。
その後、バイトが終わって皆で休憩室で一息ついていた時に、また言われた。

A「ごめん、100円貸して~。飲もうと思ったら小銭なかった・・・。」

よし今度こそ言うぞ、と思ったら後ろから年下のバイトちゃんから救いの手が。
「薬ですか?私まだ口開けてないお水持ってるんで良かったらどうぞ。」と天使の微笑で水を差し出すバイトちゃん。
Aは一瞬固まり「あ、薬じゃないんだけどwwちょっと甘いものが飲みたくって~」
バイトちゃんは不思議そうな顔で「そうなんですか、でもお金ないんだったらもうバイトも終わって帰るだけだし、家まで我慢ですね」
バイトちゃんはカバンをゴソゴソしだしてチョコレートと飴玉をAにあげた。
「疲れたら甘いもの欲しいですよね、ちょうど人数分あるんで皆さんどうぞ!」と私にもくれた。
お礼を言い、その日は解散。



148 名前:2[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 15:38:30 ID:aAdJDdhu
また次のバイトで、小銭を貸して欲しいと言われるとまたバイトちゃんが助け舟を出してくれた。情けない。
私「すみません、小銭ないんですよ。」
バイト「どしたんですか、Aさんまたお金持ってきてないんですか?」
A「いや、小銭入れてくるの忘れてさぁ。でも甘いもの欲しいから。」
バイト「私と一緒ですね~、じゃあ仕方ないから二人して一緒に家まで我慢しながら帰りましょう、小走りでw」
とか言いながら小銭貸しの話をうやむやにしてくれた。

後日バイトちゃんと話したら、驚くような発言がw
私「この間はありがとう、小銭貸してって言われてどうしようかと思ってたんだ」
バイトちゃん「あれ嫌ですよね、あの人多いんですよ。親しい友達ならいいですけど・・・。
 っていうか、タバコやらコーヒーやら甘い飲み物ぐらい我慢せぇよ!・・・って思いませんか。
 それなかったらお前死ぬんか?あぁ?っていつも思うんですよ。
 娯楽品じゃないですか、ジュースぐらいなくても別に困らない。お茶持ってるんですし。
 財布にお金がなかったら我慢する、これ当たり前でしょう。」

少女マンガのヒロインのような可愛らしいバイトちゃん、へタレな自分はファンになりました。


157 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 21:11:16 ID:4P0zKcXH
>>147のヘタレです。そこのバイトはもう辞めてしまいました。
Aは主婦で、そのバイトの主婦達は幼い感じで仲が良く、
(不思議なあだ名で呼び合ったり、私のバイト初日にもあだ名で呼び合おう☆とか言われた)
Aと他の主婦二人一緒に貸してくれと言われた事もあります。
「丁度良いところに来た、数十円貸して~w」みたいなノリで。
>>151
バイトちゃんは普段はほんわかとした可愛らしい子で、あんな毒は本人の前では吐いてないです。
何度も繰り返して「お金がないのなら、家まで我慢しましょう」という常識?を会話に含ませていました。
もちろん、角が立たないように冗談っぽく。
周りも笑っていたので、Aの面目も潰れなかったと思います。
>>155
ほとんどは返してくれるんです、だから本当に数百円程度の小額。
上に書いた出来事の後、もう一度だけ貸してと言われましたがその時は
「この間の分もまだですよぉw今2円しか小銭ないです。」と言えました。
バイトちゃんは笑って「あはは、Aさん小銭忘れ過ぎww」とか言ってた。

その時が貸してと言われた最後なんですが、最後になったきっかけもバイトちゃん。
その時に「私さんとAさんって仲良しなんですね~」と感心顔で言ってきたので、
Aが「んん?どうして~?普通に話も合うけど?」
バイト「お金って相当仲良くないと私は貸せないし、ましてや借りないので。」と微笑みながら言ってくれたんですよ。
後々その時の話をしたら、バイトちゃんは私がその時複雑そうな顔をしたので
嫌だって言えずに何度も貸しちゃってるんだろうなぁ、と感じて釘を刺してくれたようです。
本当に情けないですわ。
ちなみにその時Aは「は、大した額じゃないし、私は仲とか考えずに貸すけどw?」とかファビョって言ってました。
バイトちゃんは「あーそうですねAさんってそこらへんさっぱりしてますもんね。姉御肌っていう感じで。
お金忘れやすいならロッカーに数百円置きっぱなしにしといたら解決ですね。」と笑って返してました。

文章にすると嫌味なんですけど、雰囲気が凄く好かれるタイプの子で、
本当に親切心からアドバイスしてるような雰囲気で会話は終了。
その後貸してって言われることはなくなり、バイトも契約期間が終了。以上長々すみませんでした。


Page Top | My Library Home