My Library Home

僕が抑えるからここ座ってください

2ch



68 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2006/11/05(日) 15:56:05 ID:dMP1ViqA
昨日ベビーカーに1歳の息子を乗せて電車に乗りました。
荷物がかなり多かった事もあって乗車時、ヨロヨロとベビーカーを
持ち上げてやっと電車に乗せた。
混み気味の電車に乗り込んで来たベビーカーに
迷惑そうに体をよける人や「チッ」と舌打ちする人も多く、私もスイマセンスイマセンと謝りながら
電車に乗り込みました。

電車は結構揺れていたのですが私は掴まる場所もなく
フラフラ動くベビーカーをなんとか端に寄せて抑えていると、突然ポンポンと背中を叩かれました。
振り向くと小学五年生くらいの男の子がいて
「僕が抑えるからここ座ってください」
とベビーカーのすぐ横の自分の席を譲ってくれたのです。
驚いて「え…でも」と躊躇していると彼の隣に
座っていたお母さんらしき人が
「いいから座ってね。お母さん疲れてるでしょ」と
ニコニコ手招きしてくれました。

お言葉に甘えて座らせていただきました。
男の子は時折私の息子に優しく話しかけながら
しっかりとベビーカーを守ってくれて…。
本当にありがたく感じました。
私は4駅ほどで降りたのですが2人にお礼を言うと
男の子のお母さんが「今は大変だろうけどすぐ楽になるわよ!頑張って!」と
声をかけてくれました。
男の子はただ照れてました。

我が息子もああいう優しくて男らしい少年に育ってくれるといいな…。


Page Top | My Library Home