My Library Home

準備がいい父

2ch



84 :癒されたい名無しさん:2008/08/28(木) 13:41:24 ID:J4sH41V1
今年6月に、父が1年の闘病生活の末他界。

1年前に倒れてからは明瞭な意識が戻ることはなく、特に最後の1ヶ月は意識がありませんでした。

小さいときから親の愛に恵まれなかった父は、母をものすごく束縛し、

母もそれに応えて、お互いが配偶者・友人・父親(母親)役をしあって、近所づきあいや友人との付き合いもほとんどありませんでした。

「誰にも迷惑をかけないで夫婦で生きている」というのが、父なりの美学のようでした。

しかし、あんなに親を嫌がっていた父が

お骨は自宅から遠く離れた先祖代々の墓に、とのことで

元気なときから菩提寺の和尚さんに戒名を付けてもらったり

礼服を着たときに、自分の遺影用の写真を撮り置いていたりと

準備万端整えていたようです。

当然、母はいつでもお参りできるように、

自宅のそばのお寺に墓地を買って埋葬するつもりでいたので

父の遺言に落胆していました。


父の希望通り、49日の納骨を親類縁者で終え

先祖代々のお墓で永遠の眠りにつきました。


家族みんな、日本国中バラバラに住んでいるので、100か日は、母一人で参ることになりました。

一人で旅行などしたことのない母が

家にあった時刻表(しかも3年前の)をめくると

懐かしい父の文字で「○○(母の名前)へ」と書いた封筒がはさんであったそうです。

中には、自宅からお墓のある町までの道順と時刻表が記してあり

「手間をかけるが、気をつけて来なさい」

と父のメッセージが…。

最後の最後まで母のこと、心配してくれていたんだね。


Page Top | My Library Home