My Library Home

たった一輪の花も踏まずに通って行った兵隊

2ch



890 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2012/11/19(月) 00:20:22.41 ID:OSjJl5BJ0
一輪の花

一方は畑で、他方は傾斜していて泥が深い。道は悪い。
その畑を通っていたのだが、きれいな花が一輪泥の上に美しい顔を見せていた。
尖兵の将校がその花をよけて横の泥深い処を迂回して歩いていた。
花の上を踏んで歩く方が泥も少なく近道でもあるのだが
花をふみくだくに忍びなかったのだ。
次を歩いている男もそれにならって花をよけて通った。
次々に兵隊はわざわざ泥の道を遠廻りして歩いた。
部隊が通りすぎた後にはきれいな花が泥の上に浮かんで
ほのぼのとした美しさを見せていた。
行軍に疲れた時、実際ぬかるみ道は倍疲れる。
そんな時にさえも、たった一輪の花も踏まずに通って行った
兵隊の心情が嬉しいのだ。

陸軍中尉 加藤出雲 29歳
昭和15年10月17日 中支・安微省獅子嶺にて戦死
(最後の手紙の一節より)

この感性とか優しさとかが、日本人の心の核にあるものです。(ry

891 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2012/11/19(月) 00:32:43.24 ID:bVLzjtMRO
>>890
素敵な文章ですね。
我が子もそんな人になってほしい。
己の利益より、他人の利益。
滅私奉公。
情けは人の為ならず。
子育て中の私の信条です。


Page Top | My Library Home