My Library Home

アメリカと日本の保険の違い

2ch



アメリカは日本と違って健康保険は会社が保険ついてなかったら
自分で買って入らないといけない、毎月安い最低コースで約4万円くらい
病院に行く前に保険会社に電話してどれくらいの%くらいカバーされるか聞く
そんで保険会社があなたの保険のレベルだとこの医者かな?とか
紹介される、金持ちだったら最高の医者にかかれるけど、貧乏だと健康保険無し
まずは保険会社から主治医にかかるようにいわれ、自分の保険と相談して主治医を決める
主治医は電話してもバケーションとかに行ってて連絡が取れなくて、やっと
連絡取れて受診しても、ほとんど話し聞くだけとか薬は処方してもらえたりするけど
それが鎮痛剤とかだったらドラッグストアーに売ってるよ、などと言われる。
主治医から専門病院を紹介してもらい電話番号だけ渡されて連絡すると
予約は2週間後とかそんなもん、具合がわるけりゃERに行けばいいじゃんって
いうくらいで、全然使えない。州によって違うけど救急車も10万円ちょいで
保険でカバーされたりする場合もあるけど保険会社が本当に救急車を呼ぶ必要が
あったのか?などモメてやっと半分の5万円くらいの自腹になったりする。
日本の方がいいよ。医者になるならアメリカ、患者になるなら日本。
アメリカの医者は、日本のような激務じゃないから定時で帰る。
本当にビジネス感覚



Page Top | My Library Home