My Library Home

社会人になって約八ヶ月

2ch



57 :非通知さん :03/12/07 22:27 ID:0MrWBKVl
社会人になって約八ヶ月。
まだ雪は降ってないけど、
これからの季節が厳しい豪雪地帯に長期出張になった。
実家から二時間も離れたところだし、
新しい人間関係にも環境にも慣れることができずに
ちょっとさびしい思いをしていた。

そんなとき、お昼ご飯を食べていると父からのメール着信。
『虹が出ていたよ』と虹の画像つき、ただそれだけのメールだった。
ときどきよくわからないメールを送ってくることもある父親だったし、
ちょうど実家に帰ってきていた姉とどこかにでかけたのかな?と、
画像もちらっと見ただけで、たいして気にもとめてなかった。

その日、会社から帰ろうとすると、なんか車が変。
朝は半分くらいだったガソリンのメーターが
なんと満タンをさしている。
ギョッとして、急に車が止まっちゃったらどうしようとか
どこに行ったら修理してもらえるかなとか、
考えつつも、とりあえず無事にホテルまでたどり着いた。

部屋に戻ってしばらくしてると実家から電話が・・・。
出てみると姉だった。
「元気でやってる?」等、普通に世間話をちょっとした後、
姉はおもむろに「今日、なんか不思議なことなかった??」と一言。
最初は思いつかなかったけど、そういえば・・・と思い出し、
車のガソリンメーターのことを話した。
そうすると姉は電話の向こうでちょっと(・∀・)ニヤニヤした様子。

話を聞いてみると、実は昼間、私が仕事をしている間に
父と姉、2人で私の車のタイヤを換えに来てくれたらしい。
いつ雪が降るかと離れたところで心配しているのも気を揉むので、
もう冬用のスタッドレスタイヤに換えてしまおうと、
私に内緒で二時間かけて車で来て、雨の中、交換してくれていたのだ。
ついでにそのときにガソリンも満タンにしておいてくれたらしい。

そのときはあんまりびっくりして、とりあえずのお礼しか言えなかったけれど、
電話を切って一人になったら、自分は本当に幸せ者だなぁと、ちょっと涙が出てきた。

父からのメールの虹の画像。
よく見ると、その虹の根元には私の働いている店がちっちゃく映ってた。


Page Top | My Library Home