My Library Home

ARIGATO

2ch



12 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/04/17(日) 06:16:44.45 ID:HHqzQ5+bP
Operation Arigato!! 2011年04月03日13:44
こないだ「トモダチ作戦」に関する日記を書いた時「どうにかして米軍の皆さんにお礼がしたい!!」と思ったオイラ。

そっちがトモダチならこっちは「ありがとう作戦」だ!!

あれこれ考えた末、UPしている震災前の名取の写真をまとめた
フォトブックを見てもらおう、せっかく遠くから来てくれた彼らに、
せめて写真でもいいから本来の姿を見てもらいたいと考えて、
お手紙も一緒に仙台空港まで渡しに行くことにしました。

「どうもありがとうございます」

手紙を読み終わった、大尉の階級章をつけた海兵さんから、スーパー流暢な日本語と丁寧なお辞儀が返ってきました。
「アリガトゴザイマース」とか「サンキューデース」とかそんなんじゃない。
もう普通に日本語。会話の端々に嫌でも方言が混じるオイラより遥かに美しい日本語。
ビンゴ!!日本語でコミュニケーションの取れる相手にいきなりぶちあたった!!
改めてオイラの想いや写真を撮った場所、そして手紙は心優しい方が協力して書いてくれたんだといったことを説明。
それを大尉さんがささっと英語でみんなに説明してくれました。
ちょっとでも意思疎通が出来ると、さっきまでのコワさはどこへやら。俄然人懐っこく感じるから不自然です(笑)
事情を理解した他の海兵たちが次々と手を差し出してくる。

「サンキュー!!アリガトウ!!」 「サンキュー!!」 「アイム、ダテオトコ??」
「ユーダテオトコ!!」 「サンキュー、トモダチ!!」

いぇぇええええええええええええい!!
ってな感じで全員と固い握手。すっかりフレンドリーに♪
「…ところで」と大尉さん。「私達の司令官には会いましたか?」
「いえ…皆さんが最初にお話した相手です」
「私達の司令官はコゼニスキー大佐です。あちらにいるのでご案内します」


19 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/04/17(日) 06:19:33.01 ID:HHqzQ5+bP
>>12続き

(`・ω・´)「コゼニスキー大佐デス。コノ度ハ、アリガトウゴザイマス」

大尉さんほど流暢ではないものの、それでも日本語で言い、丁寧に頭を下げてくれました。
よく「アメリカにはお辞儀の文化がないから、
彼らのお辞儀はとてもぎこちない」なんていいますが、大佐は日本の文化をちゃんと理解しているらしく
、とても自然な所作でした。書き忘れていましたが、大尉さんもそうです。
改めて事情をお話し、大佐の「あなたが撮ったの?」「ここはどこの写真?」
「ご家族や家は大丈夫だったかい?」といった質問を
、大尉さんに通訳してもらいながらお話ししました。
「海兵隊にいて長いが、こんなに嬉しいことはなかったよ」と言われた時は思わず(´;ω;`)ブワってなった(笑)
大佐は最後に「ツマラナイモノデスガ…」っと、所属部隊のロゴが入った記念コインをオイラにくれました。
すげえ…一生の宝物が出来ちまった!!
バッグの中にカメラがあったので、本当は「記念写真をお願いします」と言おうかとも思ったけど、やっぱりやめた。
支援とはいえ、彼らはいま作戦行動中なんだ。
写真を撮られていい気分なはずがないし、元自衛官だからこそ
「兵隊は自分たちの宿営地にいるところを撮られるのは嫌」って
習性もわかってたので、敢て言いませんでした。

http://www.asahi.com/international/update/0416/TKY201104160405.html ※リンク切れ

↑の作者のmixi日記から一部抜粋

29 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/04/17(日) 06:25:55.84 ID:HHqzQ5+bP
>>4
>>22
・なぜ「Thank you」じゃなく「ARIGATO」なのか?
自分も最初は確実に伝わる「Thank you」しようと思ったのですが、やっぱり母国語の響きが好きですし

「支援活動を行う中で、米軍の皆様は何度も聞いて「ありがとう」という日本語を覚えたに違いない!!」

と判断して、「ARIGATO」にした次第です。また「トモダチ」に対して「ありがとう」と返したかった、というのもあります。
また、この砂浜は米軍が撤退した現在も自衛隊、消防、警察のヘリコプターが飛び交い、捜索活動を続けられておりますので、その方たちにもお伝えしたいという想いもありました。
「U」がないのは自分の「いつか抱きたい芸能人」第3位の広末涼子のアルバムが「ARIGATO!」だったからです。ちなみに2位は綾瀬はるか、1位は堀北真希です。
似ててオイラに抱かれたいという方はぜ…なんでもありません。

41 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/04/17(日) 06:40:29.44 ID:HHqzQ5+bP
>>19続き

もう一度皆さんと堅く握手をして、その場をおいとましました。

そしたら、帰り道を歩くオイラを、大尉さんが追いかけてきたのです。
「これ、私のメールアドレスです。もしよかったら連絡下さい」と、お名前とアドレスの書いたメモを渡してくれました。
「写真とあなたの優しさに感激しました。ありがとうございます。頑張ってください♪」

なんてこった!!
オイラに合衆国海兵隊大尉のお友達が出来たぜ!!

じゃあ、っと大尉さんは忙しく任務に戻って行きました。
ホントはそのまま帰るつもりだったけど、ふと思いついたので、コインと大尉さんのメモを握りしめて、砂浜に向かいました。
震災前からお気に入りだった、仙台空港へアプローチする飛行機が目の前で見えるポイントへ移動する。
しばらく待ってると、水平線の向こうからまたしても「コンバットシャドウ」2機がやってきて、
手の届きそうなところを飛んで行って着陸したので間違いないと確信。



「よっしゃ!!ここだな!!」っとわかったので、そこらじゅうに落ちてる木片を使って、
空から見えるようにでっかく「ARIGATO」と書いときました(笑)
いびつだし、下手くそだからわかってくれるかはわからないけど、まあ、いい自己満足にはなったよ(笑)

いまは大尉さんへのメールを、辞書とテキスト片手に頑張って書いています。あんだけ流暢だったんで、
日本語で書いても余裕でわかると思うけど、ここはちゃんと英語で伝えるのがマナーってもんだ。友達だしな!!
大変だけど頑張る(笑)


Page Top | My Library Home