My Library Home

An known Soldier

2ch



179 名前:名無しさん[] 投稿日:02/11/05 14:30
An known Soldier

この話は1951年、第四代三島通陽総長が世界会議に出席の帰途アメリカ連盟の
本部を訪ねて、シャック博士(アメリカ連盟総局長)から聞いた話です。
1952年には日本のボーイスカウト運動の視察にこられたフィンネルさんも話をしていました。
太平洋戦争も終りに近づいた頃、南太平洋の小さな島で起こった 実話 です。

日本とアメリカの兵隊が大決戦をくり返していた時の話です。
一人のアメリカ兵が重症を負って倒れていた時、人の足音に気がついて目を開くと
そこに一人の日本兵が剣付鉄砲をもって突っ込んでくるのが見えました。
重症で動けないアメリカ兵はアメリカ兵は殺されるかと思ったまま目を閉じて気を
失ってしまいました。
しばらくして気がつくと日本兵はおらず、そばに小さな紙切れがおいてありました。
アメリカの赤十字に助けられたんかで病院に運ばれてた時、さっきの紙切れを思い出し
「ペーパー、ペーパー」と言ってドクターに渡しました。
そこには「私は君を殺そうとした日本兵だ、君が三指の礼をしているのを見て、
私も子どもの頃スカウトだったことを思い出した。
ボーイスカウトは兄弟だ、それに戦えなくなった人を殺すことは許されない、
傷は応急手当をしておいたよ、グッド・ラック」と書いてありました。

この重症のアメリカ兵は無事アメリカへ帰り、お父さんとアメリカ連盟を訪ね
この話をして献金をして帰ったそうです。
三島総長は日本に帰りこの兵士を捜しましたがいまだに見つかっていません。
きっと戦死したのでしょう。

しかしこの無名戦死の話は長く伝えられアンノウン・ソルジャーとして
神奈川県の「こどもの国」 に記念碑が建てられています


Page Top | My Library Home