My Library Home

俺が憧れた医師

2ch



146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 00:59:29 
32歳の医師です。嫁も女医です。 

もともと医師を目指したのは父親の影響でした。 
いつもカッコよく、いつも厳しく、いつも優しい父が大好きでした。 
外来で患者さんに対して「どうしました?」の一言「から始める診察が好きでした。 
俺が医学部に入ってからは、夜間の診療の手伝いなんかもしてました。 
そのたびに「オヤジすげえ、いつかは俺もオヤじみたいに・・・」 
なんて思っていました。 

ほどなく俺も医師になり、昨今の医師叩きブームを乗り越えつつ 
なんとか医師として生きてきました。 
オヤジを目標に生きてきました。 
まあ、クレーマー患者から神経を削り取られている毎日ですけど。 

そんなある日、母から電話がかかってきました。 
「なんか、お父さんがおかしいんやけど・・・。」 

実家に帰り、オヤジの様子をみてみることにしました。 
オヤジは自分の席に座り、新聞を読んでいました。 
俺の姿に気づくと、オヤジはハッとした表情になり、姿勢を正してこう言いました。 

「どうしました?」 

全てを悟った俺は涙を堪えることができませんでした。 
そんな俺を見て、オヤジは泣いている患者さんに接するように 
「うん、うん、きつかったねえ」と優しい口調で声をかけてくれました。 

俺が憧れた医師としてのオヤジは記憶の中だけなのかもしれません。 
けど、これからは父としてのオヤジを大切にしていこうと思います。 

以上、俺の決意表明でした。 

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 19:27:16 
君のお父さんは、今もなお、尊敬できる立派な医師だ 
と、私は思う 


Page Top | My Library Home