My Library Home

【教育】中学校の英語の授業も英語でしましょう 2020年度から 文部科学省★3

2ch



1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2013/12/13(金) 23:38:59.01 ID:???0
英語授業、中学も英語で…20年度から

読売新聞 12月13日(金)3時45分配信

文部科学省は12日、中学校の英語授業を原則として英語で行う方針を決めた。
高校では今年度から英語で授業が行われているが、生徒に実践的な英語力を
身に着けさせるため、より早い段階から実施することにした。指導体制を強化するため、
英検などの外部試験を活用し、都道府県ごとに中高の教員の「英語力」を公表する仕組みも設ける。
年明けから同省の有識者会議で検討し、2020年度からの実施を目指す。

同省では、20年度から小学校の英語教育の開始時期を現行の5年生から3年生に引き下げ、
5、6年生では英語を正式な教科とする方針を決めている。現在の中学校の学習内容を一部取り入れ、
基礎的な読み書きを学ぶため、中学校から英語による授業が可能になると判断した。

最終更新:12月13日(金)3時45分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00001473-yom-soci

前★1が立った時間 2013/12/13(金) 11:51:15.60
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386918270/


7 :名無しさん@13周年:2013/12/13(金) 23:43:49.43 ID:KaqiYs4M0
英語は小学校から導入しろよ
今じゃ同時に二ヶ国語学んだ方が言語能力が高まることが分かってるんだし
発音の臨界期は早いから6歳からやらせたほうがいい
あと英語といいながら米語偏重な教育も是正しないと、英語圏にいったときに
米語だと馬鹿にされる


12 :名無しさん@13周年:2013/12/13(金) 23:47:09.73 ID:ssH58pbO0
ネットの時代なんだから読み書き重視しろよ
昔に比べたら確実に読み書きの機会が増えてるぞ


25 :名無しさん@13周年:2013/12/13(金) 23:59:56.94 ID:1uWAe3O/0
最初のうちは母語でやったほうがいいよ。日本語との発音の違いとかも説明しなきゃいけないし。
基礎文法と発音・語彙の基礎を終えたら日本語は要らなくなるけどね。でも文法終わらせるのに6年かかってるから中高じゃ無理だな。
文法なんて本来はさくっと1~2年で全範囲やるものだが。


29 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 00:08:28.69 ID:Q8a7Iqoa0
人の話、先生の話を聞くことのなかった俺は最初
This is a penの意味がわからなかったw(^o^)
これはペンですなんて言うわけが無いwww
Is this a penとIt is a penの違いがよくわからなかったwww

ようやく、ようやくこれは○○ですと言う事を教えるためのものなんだな~とわかった時w
黒板と教科書を見ると、I like baseballとやってたwww

英語なんかする必要無いからいいやと、全くやらなかった、勉強自体子供のころからしなかったけどねw

でも、海外に死ぬほど行くようになって、死ぬような目にも何度もあってw
勉強し始めたら、2年くらいで英検2級が取れたwww

必要のないところに向上は無い!必要があれば人間はどんな環境でも絶対に勉強する!


37 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 00:22:10.06 ID:HJ+7pz/00
訓練された話者が話す明瞭、整然とした発話は聴き取れても、
ネイティブスピーカーが数人集まり、くだけた雰囲気の中で話す
いわゆる「だべり」の英語が聴き取れない。
あるいは映画、TVドラマ等の英語が聴き取れないのである。
相当なレベルに達した他の学習者も異口同音にこの問題を訴える。

ttp://www.uda30.com/bay/Taiken-Rep/Taiken-Morisawa.htm

・・・特につらかったのが飲み会だ。授業とは違って崩れた英語が話されるうえに、
周囲が騒がしいこともあって、なかなか会話を聞き取れない。誰かが楽しげに
ジョークを言い、周りの皆が腹を抱えて笑う中、僕一人それを理解できずにいた。
オチを聞き返して白けた目で見返されるのが怖く、かといって一人だけムスッと
していると余計に仲間に入れないから、わかったフリをして作り笑いをした。
そんなことを繰り返す自分が嫌でたまらなかった。
・・・その後のMITでの6年間は博士号の取得を目指してひたすら研究、研究の日々だった。
相変わらずディスカッションではアメリカ人たちにかなわなかったし、飲み会でも
ジョークを理解できずに作り笑いをすることがたびたびだった。

ttp://toyokeizai.net/articles/-/13184?page=3

・・・それよりも更にキツいのが飲み会で、話すペースは速いわ、どんどん話題は切り替わるわ、
表現も崩れてスラングだらけだわで、正直何言ってるのか全く分かりません。
自分と周りとの断絶が深過ぎて、映画か何かをスクリーン越しに見てるんじゃないかと錯覚するほどです。
今のところ、どれくらい経てば飲み会で普通に話せるようになるのか、ちょっと想像出来ないです。

ttp://taichino.com/daily-life/daily-life-in-america/4272


45 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 00:31:24.22 ID:LCHJH1x00
英語教育なんかで、まあ教育・学習全てに共通してるんだが「嫌々」やってるってのが問題。
役に立たない、好きじゃないで勉強したって身に付くわけが無い。
おまけに当の母国語さえ危うい輩が多いんだからまずきちんと日本語を教えた方が良い。


54 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 00:42:46.03 ID:HJ+7pz/00
『書く力が身につくイギリスの教育』山本麻子 岩波書店 2010年 2200円 

幼い時から徹底的に書かせることで書くことへの対抗をなくし、年齢が上がるにつれて、書く内容もより論理的にしていき、
やがて書くだけでなく、思考回路も訓練していくことになっていくという教育法を本書で著者の子どものノート等を紹介することで、詳らかにしている。
この指導法には決まったテキストなどはないようだ。その分、教師の手間が相当かかっているが、みな同じようにして教育を受けてきたからだろうし、
自分でも書く大変さが分かっているので、きちんと目を通して指導してくれているようだ。これなら大人になったとき、個人の能力の差はあれ、
議論の技術がいやでも身についている。

小学校から書かせていくなかで、最初はフィクション、お話を書かせ、その後、ノンフィクションや説明文を書かせ、次第にジャーナリストにでもなろうか?
といった分析能力も養うような内容へと進むのだが、学科別のレポートを見ると、まるで教科書を自分で作っているような内容に見える。
以前何かのCMでイギリスの算数の問題は、ただ計算して解くのではなく、その計算問題を作る(5+10=15とすると、その15だけ出ていて、
その前の2つの数字を自分で考えていくつかのパターンを作る)というものです、というのを見たことがあるが、まさにそれを書くことを通して
全教科でやってしまっている印象を持った。

その昔読んだ、米原万里さんの本で、当時通ったチェコのソビエト人学校での教育が、たとえば歴史でも年号を当てるとかではなく、
どうしてそれが起きたか、など流れをつかむような教え方で、テストも徹底して論述形式だというようなことを言っていて、そのおかげで
考えたり書く力が身についたというようなことが書かれていたのだが、日本ももうそろそろマークシート式(教師はラクだろうけれど)は
やめたほうがいいように感じる。

http://angel.ap.teacup.com/sammy/1573.html


63 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 00:50:03.19 ID:sUvB9Mi+0
わずか週3コマを受身でやるんじゃ
何やっても話せるようにならんて


83 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 01:00:27.90 ID:jtAnGo3h0
ちょっと知恵付いたら英英辞書で
勉強すると驚異的に伸びる
ソースは俺、高校の時この発想が有ったら…


100 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 01:10:30.95 ID:GGHAx8VI0
文法grammarってmagicって言葉とも関連があるらしくて
不思議な力を持つものと考えられてたみたいだね。

確かに、話すことは無理かもしれないけど、そういう法則性
を習得すれば、ネイティブにも劣らない文章が書けるようにも
なるみたいだよ。現に英文学者の人が、学生の頃、留学先で
まったく話すことができなかったのにもかかわらず、
レベルの高い論文を書いたから教授に驚かれたらしい。
その人の書いた本を読むと、さらに文法が威力を発揮するのは、
第二外国語を学ぶ時らしい。文法をきっちり学んでいると、
英語を学ぶ時よりも格段の速さと労力で第二外国語をマスターできるように
なったという話。もちろん、スピーキングには問題があるのだろうけど
文法はちゃんと学べば、読解や作文にかなりの威力を発揮するのは
やはり間違いないんじゃないかな?


252 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 02:32:40.70 ID:UNdBNwGn0
日本語の察しの文化とローコンテクストの英語とではそもそも絶望的に発想が違うから
そういうところから英語の論理を教えてかないと駄目だろ
例えば
・先生から配られたプリントが足りない場合
日本人「プリントが足りないんですけど…」
欧米人「もう一枚プリントください」
・部屋のクーラーがあまり効いてない場合
日本人「暑いんですけど…」
欧米人「クーラーの温度下げてください」
・ヘッドホンの音漏れを注意する場合
日本人「うるさいんですけど…」
欧米人「音量下げてください」

たとえコミュニケーションの中で頭の中の日本語を完全に正しく英訳できても
「so what?(だから何?)」って返されるのがオチだわ


387 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 04:04:36.40 ID:m//zcNM4P
英語教育の何が糞、ていきなり文法覚えろ、て所が糞なんだよ
SとかVとか助詞とか形容動詞とかしるかボケ
日本語だってそんなの気にして会話してねーよ


392 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 04:07:35.87 ID:fvr5I8Bj0
>>387
いやまあ第二言語の習得には文法から入るのが近道ですよ
特に日本にいる限りはね


396 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 04:10:12.23 ID:72oYrqs00
だからさー、いいかげん言語は「学ぶ」ものじゃなくて「慣れる」ものだってことを学習しろよ




どんなに優れた教材、優れた教師を使っても、日常的に接して試行錯誤して「慣れる」だけの
環境や時間がなければ身につかねーっての


424 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 04:27:18.43 ID:Bx8Z/0pJ0
英語の難しさは一つじゃないと思う。
日本語と英語はあまりにも違う。
発音や、文法文脈での暗黙の主語や、肯定、否定のニュアンスなども含めて。
発音に関しては慣れじゃないかな。
日本では発音が上手になる教育は一切していないと同じだからまだまだ伸びしろはある。
あと日本人は細かい言葉のニュアンスにこだわりすぎて英語が話せないんだよ。
そして数式のようにA=Bっていう関係性を述べることが、物事を表現する手段だという事を知るべき。


446 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 04:45:29.46 ID:q1DhlyjTO
日本から出る気のない身としては読み書きだけでも十分おもしろいと思うけどね
特に今は外国のサイトが見られるんだし

発音の解釈に関してはローマ字だけでなく、フォニックスもやれば少しはいいんじゃない?
大阪の一部の中学だかで使う話があがってたけど、その後、予算は通ったのかな?


499 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 05:31:51.02 ID:9g4AGfIj0
でも案外、英語は日本語よりもイージーな言語かもな。
漢字なんてよくよめるな俺。そんなに勉強した記憶がないんだが。


607 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 09:19:19.03 ID:phcQuCZ40
インプットを増やせば自然と英語が身に付くみたいな幻想やめろ
政府の誰が言ってるのか知らないが、今や田尻五郎先生も
日本の英語教育を政策レベルでリードしてるってのに、いい加減
赤ちゃんの言語習得と物心ついてからの言語習得を一緒にする
愚を犯してる意味がわからん。

英語だといっぱい聞いてればできるようになりそうな気がするかもしれんが
そう思うお前、明日からタイに行って現地に住めば3か月でタイ語ペラペラに
なるか?インドに行ったらヒンディー語喋れるようになるか?なるわけないだろ。
どうして英語ならできそうだと思うんだ。子供だって一緒だよ。
ノートに単語を何回も書いて、音読したり英文読んだり音楽や映画で英語を聞いたり
4技能をひたすら使ってやっと身に付くんだよ。日本語を介してな。

オールイングリッシュの授業もやろうと思えばできるよ。たまに生徒が
「せんせー英語喋ってー」みたいなこと言う時はね。でも、実際やると
「すげー何言ってっかさっぱりわかんねー」って反応だぜ。簡単な英語なんだけどな。
上位層はできるんだよ。でも下位層には無理だ。


Page Top | My Library Home