My Library Home

小説の面白さ

2ch



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/09(火) 00:07:13.83 ID:m+k/axMdO
電車の中でも大人がマンガなんか読んで恥ずかしくないの?
たしかに欧米的な観念かもしれないけど、子供が読むのならまだしも、マンガばっか読んでたら
文脈に沿った想像力が乏しくなると思うんだけど・・・

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/09(火) 00:08:24.30 ID:wFTm3OdY0
君は知らないだろうけどアメリカ人だって
サブウェイでカトゥーンを読んでるよ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/09(火) 00:11:41.53 ID:m+k/axMdO
マンガって子供が言葉とか社会を知るための教科書の補助的なものだと思うだけど、それを大人が読むのってなんか幼稚臭くないの?

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/09(火) 01:14:36.16 ID:m+k/axMdO
同じページ数のマンガと小説があったとしよう。
おそらくマンガのセリフは小説の半分にも満たないだろうし、
場面の描写も小説の方が鮮やかに再現され、より流動的に移り変わるだろう

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/09(火) 01:17:09.59 ID:qM+VOHhKO
>>175
内容の量が違うのは当たり前だろ
作品をコストパフォーマンスで評価するなんて作品に対して失礼だカス

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/09(火) 01:19:42.02 ID:x2W9O08h0
小説と漫画をページ数で比べるなんて
長さと面積を同じ次元で語るようなもんだ

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/09(火) 01:26:10.36 ID:m+k/axMdO
まあマンガを読むことも結果的には悪くないかもしらんが、語威力がなくてもよむことが出来るのは否めないな

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/09(火) 01:27:07.24 ID:OBpwFYoE0
>>192
太宰治についてどう思うかね

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/09(火) 01:31:17.23 ID:m+k/axMdO
>>194
人間自信が持つ苦悩が端的に表現されていて素晴らしい作家だと思います

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/09(火) 01:32:17.67 ID:OBpwFYoE0
>>201

小説の面白さ
太宰治

小説と云うものは、本来、女子供の読むもので、いわゆる利口な大人が目の色を変えて読み、
しかもその読後感を卓を叩いて論じ合うと云うような性質のものではないのであります。

小説を読んで、襟(えり)を正しただの、頭を下げただのと云っている人は、
それが冗談ならばまた面白い話柄でもありましょうが、事実そのような振舞いを致したならば、それは狂人の仕草と申さなければなりますまい。

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/09(火) 01:36:12.67 ID:OBpwFYoE0
小説と云うものは、そのように情無いもので、実は、婦女子をだませばそれで大成功。

その婦女子をだます手も、色々ありまして、或(ある)いは謹厳を装い、或いは美貌をほのめかし、
あるいは名門の出だと偽り、或いはろくでもない学識を総ざらいにひけらかし、
或いは我が家の不幸を恥も外聞も無く発表し、以て婦人のシンパシーを買わんとする意図明々白々なるにかかわらず、
評論家と云う馬鹿者がありまして、それを捧げ奉り、また自分の飯の種にしているようですから、呆れるじゃありませんか。


Page Top | My Library Home