My Library Home

強さの中に

2ch



340: 素敵な旦那様: 2005/04/28(木) 16:56:02
先日、晩飯のあと突然停電した。
ブレーカーじゃなく、外を見るとあたり一帯真っ暗。
東京電力に電話しようにも、もう夜なんでやってない。
するとカミさんが懐中電灯片手に消防署に電話をかけて聞くと

「近所で火事があって電柱が燃えて、このへん一帯の電気が止まってるんだって。
2~3時間で復旧する見込みらしいよ」と。えらい冷静。

アロマキャンドルとやらを出してきて「うち昔貧乏でねー、よく電気止められたの。
お金払っても復旧するまでの間電気つけてもらえなくて、こうして蝋燭で過ごしてたよ」
「あとボロ屋だからヒューズが飛んじゃって買い置きが無いと一晩真っ暗とかね」

そ、そうなんか。結婚して4年経つけどそんな事までは初めて聞いたぞ。
カミさんは両親に愛されずに育ち、顔や体に火傷の傷や切り傷がいくつかある。
土壇場に強いのはそういう過去のせいだったのか。
いつだったか大地震があったときもものすごく冷静で、俺が守られたぐらいだった。
強さの中には大きな孤独と辛さがあったんだなと思った。

こんな細い体でどれだけ辛い事を乗り越えてきたのか。そう思うとたまらなかった。
なんと言うか、家族として守って行きたいと思った。一人にはしたくない。


Page Top | My Library Home