My Library Home

栗羊羹の部下

2ch



874:おさかなくわえた名無しさん:2013/09/15(日)22:49:57.08ID:tTLCBwBL
祖父は太平洋戦争が始まる前に海軍に入隊し戦争が始まったためそのまま海軍の兵隊として戦うことになった。
そのため数多くの修羅場をくぐり抜けてきた人だったんだが戦後そういった類の話はほとんどしなかった。

ほとんどというのはたまに戦争中の話をしてもパイナップルを盗みに行ったとか、
上官を飛行機の後ろに乗せたままひたすら宙返りばっかやったから殴られたとかそういうアホなことしか言わなかった。
なので私は真面目に戦争やれよじーちゃんとか常々思ってた。

で、ここからが本題。開戦当初から祖父はある艦隊司令長官の付き人として
ボディーガードの真似事をやっていた。(祖父は士官ではない)

長くなったので切ります。


875:おさかなくわえた名無しさん:2013/09/15(日)23:15:47.51ID:tTLCBwBL
続き

史実の通り日本軍は当初こそ連戦連勝で破竹の勢いで進撃するんだけどミッドウェー海戦を境にどんどん追い込まれていった。
そして昭和19年。日本海軍連合艦隊は米軍に一泡吹かせるべく総力を結集した最後の反撃作戦を決行することとなる。

この作戦では祖父が付いてる司令長官が第一機動艦隊?だったかを率いてフィリピン北海に米軍をおびき寄せ
その隙に愛宕率いる大和、武蔵、長門の戦艦部隊がマッカーサーを仕留めるという陽動作戦だった。

で作戦通り間抜けな米軍を引き付ける事には成功したんだけど祖父達の艦隊は
何度も何度も激しい空襲に襲われることになった。

続きます


878:おさかなくわえた名無しさん:2013/09/15(日)23:34:32.05ID:tTLCBwBL
続き

そんな中祖父は司令長官付きとして伝令をしたり対空戦闘の指揮を執ったりで空母の中を走り回ってた。
そして幾度目かの空襲がそろそろ終わりかけた時に祖父は部下に呼び止められた。

部下「長官殿。(祖父のあだ名でいつも司令長官と一緒にいたこう呼ばれたらしい。何度も言うが祖父は大して偉くない。)」
祖父「何だ。」
部下「あの部屋(士官室?)に隠してある栗羊羹を一本持ってってもよろしいでしょうか。」

部下が言う栗羊羹とは祖父の上官に当たる士官が所持しいるものだった。
意外かもしれないが戦争末期でも軍艦乗りの食事はかなり豪勢で、アイスクリームとかが出てたらしい。
でその部下はどーいう訳か祖父のものでもないのに栗羊羹をねだってきた。

続きます


881:おさかなくわえた名無しさん:2013/09/15(日)23:48:59.60ID:tTLCBwBL
続き

祖父は悩んだ。そりゃそうだ栗羊羹は祖父の物ではないのだから祖父に許可を取るのは筋違いだ。
しかし度重なる空襲で祖父の乗る空母は満身創痍。いつ沈没してもおかしくない状況だった。
このまま戦闘が続けば栗羊羹も海の藻屑となるのは明白だった。

軍艦乗りの食事が豪勢とは言え栗羊羹なんてものはそうそう食える代物ではない
このまま海の藻屑と消えるなら・・・と部下は思っていたのだろう。
悩んだ末祖父はこう言った。

祖父「よし。○○(部下の名前)栗羊羹をとってこい。」
部下「ハッ了解しました長官殿。」
部下は祖父に返礼すると目的の部屋に駆けていこうとした。

祖父も自分の持ち場に戻ろうとクルリと背を向けた瞬間ドーンという大きな音共に祖父は吹っ飛ばされた。

続きます


883:おさかなくわえた名無しさん:2013/09/16(月)00:01:14.31ID:sacP/w8Y
続き
吹っ飛ばされた祖父は床にしたたか打ち付けられたものの、すぐ立ち上がり辺りを見回し愕然とした。

恐らく爆弾が命中したのだろうが祖父が立っていた場所から幾分下がった一帯が吹き飛んでいたのだ。
言うまでもなくそこには栗羊羹を取りに行こうとした部下がいる場所だった。

その後祖父が乗っていた空母は撃沈され、祖父は戦友と共に身一つで海に飛び込み
人喰い鮫が泳ぐフィリピンの海を味方に救助されるまで戦友と共に泳いだそうです。

続きます


886:おさかなくわえた名無しさん:2013/09/16(月)00:31:05.92ID:sacP/w8Y
最後です

その後の祖父の人生で祖父は栗羊羹の部下と会うことは二度となかったそうです。
この話は酒に酔っていた?祖父が誰かと勘違いして?幼かった私にしてくれた話です。

何故祖父が幼かった私にこの話を話したのかは解りません。
また私の記憶だと夜遅くに祖父と二人っきりで食卓で話してた記憶があるのですが
今思うとこれも奇妙だと思います。(両親は夜更かしを許さなかったし私は当時いつも姉と一緒に行動していたので)

そして祖父はこの話を終えると
「俺がな、俺があの時あんなこと言わねぇで、
ふざけんなあの栗羊羹は俺の物だ。絶対てめぇなんかにゃ渡すもんか。
って言って首根っこ掴んでたらあいつは死ぬことは無かったんだ。」
と繰り返し呟いていたことだけははっきりと覚えています。

実際あの爆撃で栗羊羹の部下が死んだかどうかは私には解りません。
vipでやれとか言われましたが開戦当初から前線で戦っていて多くの戦友や部下を失ってきたはずなのに、
いつもパイナップル盗んだとか上官に殴られたとかアホ話しか話さなかった祖父が
唯一気にかけた修羅場だと思ったのでこちらに書かせて頂きました。

久々に祖父を思い出したのでカキコでは消えます。


Page Top | My Library Home