My Library Home

よき兄貴分だった犬

2ch



35 :本当にあった怖い名無し :2010/01/13(水) 23:41:17 ID:4lqDwnoy0
流れを読まずにおいていくぜ。

俺がガキの頃なんだけど親が旅行で留守の夜、窓の外に変なヤツ来た。
一応二本足で立ってて人間っぽいんだけど知能は低いみたいで、ベタァっと窓にはりついて、両手でバンバンとガラスをはたいてるだけだった。

そのバン!バン!って音にびっくりして目を覚ましたんだけど、カーテン越しにそいつの影が浮かび上がってて超怖かった。
それ以上にヤバかったのが、窓の鍵が閉まってなかったこと。
カーテンを開け窓の鍵を閉める勇気なんか到底無かった事。
布団かぶって姿を隠すしか無かった。こういう時の布団って異様に心強いよな。
早く朝になれよと思って時計見たらAM2:00、絶望。

ガラスをたたく音がだんだん早くなってきたと思ったら、そいつは今度はガタガタと窓をゆすり始めた。
いよいよヤバいな、せめて飼い猫だけは逃がしてやろうと身構えた。
だんだん窓がズレていくのが音でわかった、臭い風も入ってきた

本当にこれまでか、死ぬのは構わないが怖い思いだけはイヤだ! と覚悟を決めたところで、家で飼ってた15歳の老ハスキー犬が、普段絶対に出さないような声で「オイ!コノヤロウテメエ!」と叫んだ。

たまたま鳴き声がそう聞こえただけかも知れないが、その一声で窓の外の変なヤツはどこかへ消えてしまった。
今まで重苦しかった空気がスっと軽くなり、俺は心底救われたと感じた。
深夜だったが俺は外にでて俺より年上のデッカイ犬に抱きついて、それはもうすごい勢いで泣きまくった。
犬も俺を待っていてくれたのか何もいわずに胸を貸してくれた。
そんな命の恩人だった犬も、高校1年の3学期に母が急死したのをきっかけにみるみる弱り、俺の膝枕の上でその最期を迎えた。

だが、よき兄貴分であったあの犬は、今でも俺を守ってくれているに違いない。
そう思うと勇気がわいてきて、どんな困難でも乗り切れる気がする。
いつでもいっしょってこういう事だよな?


Page Top | My Library Home