My Library Home

子猫を拾ってしまった

2ch



600 :水先案名無い人 :2009/03/26(木) 11:38:04 ID:N/cOAEzr0
112 名無しさん@九周年 New! 2009/03/25(水) 19:03:41 ID:JLl3OdiJO
俺が会社へ行くと、そいつが社ビルと玄関の間に居た、まだ目が開いていない手の掌に乗る程の
チビ助が妙に引き付けるよいな声でミーミー鳴いていた、俺は親猫がすぐ戻るだろうと事務所に行き
仕事をした、昼休み気になりもう一度見に行くとまだ同じ場所居た、困ったなぁ、どうしようかな
家はアパートだから飼えないし、と思いながら一応ミルクを買って与えてから会社に戻り午後一杯
仕事をしたが、子猫が気になって仕方ない、でも心の中では親猫が連れて行ってくれよなと
思っていた、仕事が終わった頭は嫌な予感で一杯だ、本能が結果を知っている妙な感覚を
抱きながら、階段を下りる、耳を澄ます何も聞こえない、そして細い社ビルの間を恐る恐る覗くと…
あっちゃー居たよ…見えない目を俺の方に向け困った事にミーミー鳴き始めた

家では飼えないし、俺も分別ある大人だ、これはは見なかった事にしよう、なかった事
にすればいい、と納得してその場を離れて駅へと急いだ、頭の中は気になって仕方ない
父性本能を激しく鷲掴みにされてしまって辛い、 心を鬼ににて、電車に乗り込んだ


601 :水先案名無い人 :2009/03/26(木) 11:39:38 ID:N/cOAEzr0
真冬なのに、汗びっしょりで心臓はバクバク鳴っている、悪い事をした犯罪者の気分だ
背中にしょったディバックの動きが気になって仕方ない…‥持って来てしまった、後先考えずに
会社に戻り子猫を持って来てしまった、頭の中が熱い、電車内では鳴かないでくれとだけ考えて
ようやく家に着いた、目が見えるようになったら飼い主を探そう、それまでだからと自分と子猫に
言い聞かせて、大家に内緒でこっそり飼い始めた、ちょうど4日めまだ青っぽい曇った色の
目が開いた、そこで俺は決めた通り猫の引取り手を探そうと決めた、でも俺には知り合いがいなく
宛も無しだ、かと言って公園などに置いて来るのは論外、途方に暮れていた時に玄関の
ベルが鳴った、ドキッとして猫を隠してドアを開けるとそこには、頑固者で有名な大家の爺さんが
ムスッとしながら立っていた、嫌な予感がした、爺さんは話し始めた、あんたの部屋猫居るでしょう?
俺は退去を覚悟して、ありのまま事情を話した、爺さんは全部話しを聞いた後、なんとにっこり
笑ってポケットから猫用缶詰を出して一言、全部分かってる何も言うな、大切にしてあげなよ、と言い、去って行った


Page Top | My Library Home