My Library Home

陸軍が海軍に内緒で輸送潜水艦を作ったことがあった

2ch



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:06:44.75 ID:FnnAqtyd0

輸送船がボコボコ沈められるようになり、本来輸送任務など考えてない駆逐艦に
無理やり物資を積んで運ぶことさえ難航するようになった頃、
陸軍が海軍に内緒で輸送潜水艦を作ったことがあった。

昼間は潜水して隠れ、夜間に移動するためのものだったが
「潜水航行だと速度が出ない」といって昼間から浮上航行。
そこを米潜水艦に見つかった。
殺してくださいと言わんばかりの脳天気な潜水艦。しかも十六条旭日旗ではなく日章旗を立てている。

何かの罠かもしれないといって、米潜水艦は攻撃を中止したそうな。


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:23:42.62 ID:FnnAqtyd0

>>72の潜水艦が訓練航海を終えて港へ帰る途中、
前方から山のような馬鹿でかいフネが接近してきた。
潜水艦長、陸軍軍人ながらその大きさに「ははあ、あれが戦艦大和に違いない」と気づく。
本意ではなかったにせよ船乗り、それも1隻の艦を預かる艦長となった今、
軍艦同士すれ違うとなれば、登舷礼(乗組員を全員船べりに1列に並ばせる儀礼)
をやってみたいものだと思った艦長、急いで登舷礼を命じる。

胸を張って大和とすれ違う陸軍輸送潜水艦、と、その時艦長が目にしたのは、
なんとこちらと同じように、船べりいっぱいに乗組員が居並んだ大和。
こちらの姿を認めるや、直ちに答礼を行なっていたのだった。
6万5千トンの戦艦が、500トンに満たない潜水艦相手に
一糸乱れぬ礼を尽くして去っていく様子に、艦長はいたく感激したという。

そして大和は、二度と戻らなかった。あの水上特攻作戦で、沖縄に赴く途中だったのであった。


Page Top | My Library Home