My Library Home

昔の戦闘機乗りは昔の競艇なら馴らしのエンジン音の調子である程度予想がつき荒稼ぎできた

2ch



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:33:38.64 ID:HLVQBgCmO
昔の戦闘機乗りは昔の競艇なら馴らしのエンジン音の調子である程度予想がつき荒稼ぎできた
ソースは俺のじいちゃんwwある程度稼いだ時人間としてダメになるからやめたらしい
ほふく前進の時爆撃の音で逃げてきた蛇の大群が上を通ったとか
糞な上官は大概数日で川に浮いてるとかじいちゃんの話は面白いけど
どうにも嘘臭いので信じてなかったが
先月じいちゃん亡くなって親がぶったまげてたから通帳みたら
およそ普通の社員には稼げない金額たまってたから信用したほうが夢があるなと思った

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:41:04.78 ID:FnnAqtyd0
>>101
音楽家は耳がいいから潜水艦のソナー手に抜擢されたという話があるな
今のようにコンピュータで音紋解析して「何々級駆逐艦」とか出してくれない当時のこと、
音で相手が何者か分かる人材は貴重だった

逆にある元音楽家のソナー手いわく
「あれだけ違う音がするのに何故聞き分けられないのか私にはさっぱりわからない」
他の乗組員のために
「♪ぎょせーんはー シュココココー じゅんようかーん ゴトゴトゴトー」
などという歌を作って教育したとか

138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:30:35.23 ID:PceHV3CnO
>>109
そんな話があったのか‥じゃあ祖父の言うこともほんとだったのかもなあ
耳と目は生命線て言ってたし。命を預ける機体のエンジンの音を聞く耳と
いち早く相手を発見する目が総てとか
まあ後少し戦争長引けばそんなもん関係ない特攻隊行きだったらしいが


Page Top | My Library Home