My Library Home

あいつに内面を磨いてもらいたい

2ch



56 名前:水先案名無い人  投稿日:2007/10/04(木) 16:30:55 ID:goTCMBc70
本気で書くけど
俺の親父は、滅茶苦茶厳格な奴で、何かにつけて幼い頃から文句を言われた。
俺は、親父の注意なんてまともに聞かず
何時も問題ばかり起こしては学校に呼び出しをくらう。

しかも、俺の家金が無いわけではなく、
両親共に兄弟の多い家で育ったためお下がり癖が付いていてケチ。
従兄弟の家から貰ってきたジャージを小学生の時、着させられた。
俺は、こんなボロイの嫌だと母親の顔に投げつけた
父親は、無言で立ち去った
その日の夜、親父が母親に言った言葉は、「あいつに内面を磨いてもらいたい」

母親は、それを俺に明くる日伝えた
俺は「は?馬鹿じゃないの」と母親が新しく買った洋服で出かけた
家に帰ると父親に呼ばれ、母親が買った新品の洋服について尋ねられた
当然、母親も怒られる
俺は「ボロイ服を着る位なら死んだ方がマシ、貧乏だと思われたくない」と言った
父は、俺に
「そんな服の良し悪しで笑う奴がいれば笑わせればいい、笑った人は、可愛そうな人なんだよ
 今のお前には分からないかも知れないけど、分かる日が来た時には俺はいないかもな」と言ってた

数年後、親父は逝った
葬式で親父の親戚から俺達兄弟に親父からの手紙を渡された。
そこに書かれていたことは、
「○○へ
 俺も小さい頃、お前と同じようにボロを着たくないと母親に言った事がある
 片親だったので母親は、一生懸命働いて服を買ってくれた
 でも、過労で母親にお礼を言えないまま死なれてしまった。
 後悔してる。お前が母親の顔に服を投げつけた時、お前も俺と同じ目に遭って欲しくない
 言ったこと----」
と線で終わっていた。

この手紙を書いている最中に逝ったのだ
普段なら叩いて教えたことを、俺にこのことだけは心で覚えて欲しい
と俺は受け取った

母親もその後すぐに他界した
母親へは俺のお礼の言葉と共に逝ってもらえた
親父の手紙がなければ言えなかった事、
両親は何時も色あせた服を着てたけど
俺達へ色々残してくれた


Page Top | My Library Home