My Library Home

残り香を一生懸命探していました

2ch



206 名前:名無し野電車区 投稿日:02/06/09 16:14 ID:9zSiyo8E
やはり、大垣夜行は忘れられない。

当時の彼女とは遠距離恋愛で、電話で喧嘩すれば東京から大垣夜行で名古屋まで直行した。(もちろん、授業はサボ。)
ボックスシートの前に足を出して、体を横に倒し、Lの字のように寝たっけ。
京都の彼に会いに行く、という人と、愛について真剣に語り合いましたね。

帰りは彼女の残り香を抱きながら、
彼女と見た月は、ずっとずっと車窓の向こうに東京まで追いかけてくる。
月を眺めながら、運命の悲しさを涙して知らない間に眠ると、
駅の発車ブザーが、メロディーに変わる熱海駅。

あぁ、また関東に戻ってきてしまった・・・

寝汗にかき消されそうな中、
沈みかけた月夜の海を眺めながら、
残り香を一生懸命探していました・・・


Page Top | My Library Home