My Library Home

今だったら本当、捕まってるぐらいの暴力親父

2ch



82 名前: ほんわか名無しさん 投稿日: 01/12/01 15:26
今だったら本当、捕まってるぐらいの暴力親父。
テレビの世界にだってこんなヤツいないよってぐらいにうっとうしい親父だった。
母は耐え切れずに俺と兄貴を置いていったらしく、物心ついたときにはいなかった。
くる日もくる日も殴るける。灰皿を投げつけられて病院行った事もあった。

中学何年生かは忘れたけど、大喧嘩して家を出てったの。
女つれこんでるのは知ってた事だったから親父は俺を探そうとしないだろうから
嬉しいのか悲しいのか複雑な思いでふらついてて
結局友達の家に一日だけ泊まって帰るという約束で入れてもらったんよ。
でも、その夜、親父が知るはずもない俺の友達の家にとびこんできて何もいわずに俺を引っ張ってつれて帰ったの。

そのときはやっぱ「またブン殴られるのかな」「また病院逝きかな」「今日で俺死ぬのかな」
とか思ってた。
ところが家に帰っても何も言わずにずっと黙ったままで。
んで気まずくて息もできないくらいで早く時間過ぎろって思ってて。

そしたらいきなり「俺が死んだら泣いてくれるか」
なんて言ってて「はぁ?」って風にしどろもどろしてたの。
んで淡々と今までの事とか親父の子供のころとか喋って、最後に「今までごめんよ」って言って。
その間俺身動き一つできなかった。

何をいきなりこんな事言ってるんだって。
親父が憎いとかそんなこと思う余裕なくて考えてたの。
もちろん兄貴も話を聞いてたらしくて後から話し合ったけど、結局わからなくて。
その三日後に親父が死んじゃったの。
ほんとにコロっと。

病院の先生からよれよれの手紙を手渡されてね。
兄貴と二人でよんだ。ひたすらに謝ってる手紙。
アルコール中毒で手も思うように動かせない汚い字で。

その手紙の最後に
「玄関の梁の下に酒がある。あと十年後、おまえ達が大人になったら俺の仏壇の前で飲んでくれ。」
って書いてあった。
その時なぜか涙が出て、恨みこそすれあんなに殺したがっていた親父が死んじまったって。

明日、ちょうど約束の十年目。
兄貴は俺が十八のときに肺炎で死んだ。
一人身の俺は明日、三人で酒を酌み交わす。


Page Top | My Library Home