My Library Home

お爺ちゃんに会いに行って来る

2ch



336 名前:体育会系中年男 投稿日:03/01/11 01:24 ID:ADu48xNP
1990年5月、婚約者が肝臓ガンで余命半年と宣告された。
自分より2歳年下の彼女は当時25歳、将来の生活を想像し、お互い希望に胸膨らませ、
幸せの絶頂にあった2人にとって、それは到底絶え難き試練であった。
しかし、彼女は強かった。
事実を受け入れ、最期まで諦めずに生きると誓ってくれた。

そこから2人3脚の闘病生活が始まった。
大型トレーラーの運転手である自分は勤務が不規則ではあったが、
それでも、出来る限り彼女の病室を訪れ、励まし、応援を送り続けた。
彼女もそれに応えるように治療に望み、一歩ずつではあるが歩き続けた。
その結果、その年の9月には、2人で北海道を旅行出来るまでに回復した。
そして、一縷の望みが生まれた。
『もしかしたら、彼女は助かるかもしれない!』

話は2泊3日の旅の初日、小樽を訪ねたときに進む。
当時、小樽では『石原裕次郎記念館』の建設工事が進められていた。
母親の影響で、子供の頃から裕次郎のファンだった彼女は、
『もし、私に奇跡が起こって、再び小樽に来られたときは、
 一番に石原裕次郎記念館に来てみたい。』と言っていた。
自分もその言葉に微かながらも希望を持った。

しかし、その奇跡が起こることは無かった。
札幌の時計台を訪れたとき、『恋の街札幌』を唄っていた彼女は、
それから3ヶ月余りが過ぎた1990年12月5日早朝4時31分、
『お爺ちゃんに会いに行って来る!』という言葉を残して、
お婆ちゃん、両親、弟と妹、そして、自分に看取られながら、大好きだったお爺ちゃんのところへ旅立っていった。

昨年、彼女の13回忌を済ませ、自分も今年40になるが、
自分の心の中に永遠に生き続ける彼女を支えにして、今日も生きているのである。


Page Top | My Library Home