My Library Home

念願の一戸建てを購入したけど、分譲住宅で隣がとても近い

2ch



念願の一戸建てを購入したけど、分譲住宅で隣がとても近い。
階段を十段ほど上がると、建物でその下が駐車場になっていてその駐車場も隣と並んでいる。
隣は角地だからその駐車場がやや広く普通自動車と軽自動車を並んで、ぎりぎり停められる程度の広さ。
隣は年配の夫婦で、2000ccクラスの車を一台常時停めて、来客時に無理やり普通自動車を停めるので乗り降りの際に、人間は隣との境が色レンガだけで平面なので、我が家の敷地に常に足を踏み入れていた。
嫌だなと思っていたが、昼間は主人が乗って行って駐車場は空いているのであんまり目くじら立ててもと思って、苦情は言って無かった。

それがいけなかったのか、主人の両親が遊びに来てくれている日に、主人が帰って来て

「隣の来客の車、今日はでかいぞ。俺が停めたらもう数センチしか空いてない。
あれじゃあ人間は乗れないから、後からどかせとか言って来るかも。」

と言っていた。
折角両親が来ていたが、主人は晩酌を我慢して隣が言ってくるのを、待っていたが
音沙汰が無いので皆で寝てしまった。

夜中の二時ごろに呼び鈴を、何度も何度も押す音で目が覚めた。
インターホンで見ると、若い感じのにいちゃんが

「邪魔なんですけどぉ。ドア開けらないッス。こんなとこに停めたら迷惑なんッスよぉ。」

と喚いていた。
あわてて主人を呼びに行っている間にドア前まで来てどんどん叩いて

「おらおら!早くしろよぉ!出ていけねぇジャンかぁ!」

と騒ぎだ出した。
声からするとどうも数人いるみたいだった。
玄関前の植木鉢をひっくり返し、外に置いてある子供の自転車に蹴りつけているのが玄関の小窓から見えた。

そこにじいちゃんが起きて来て

「警察に電話しろ。出てくるな。」

と言い捨てて出て行った。
小窓から見ていたら、最初じいちゃんは

「何している!」

と一喝して

「人の家に訪れられる時間じゃないだろう。車はちゃんと自宅の敷地内に停めておる。
そちらが非常識だ!」

とどなった。
隣近所が起きたようで
周りの家の電気が付き見に出てくる人も出てきた。

若いチンピラみたいなのは、三人いて

「はぁーくそじじい!いい度胸ジャン」

とじいちゃんの足を蹴り顔を一発殴った。
じいちゃんは

「手を出したのはそっちだな。見てる近所の方!こんな年寄りに手を出しましたよ。」

と言ったと思ったら、なにやら手と足を繰り出してチンピラ達はうずくまってしまった。
そこに警察が来た。

後から聞いたら、じいちゃんは段持ちだった。
師範も持っていた。
警察で事情は聞かれたけど手を出したのはあっちでその上じいちゃんは四捨五入して八十。
段持ちでも不問に付された。
チンピラの一人が隣の息子。
あと二人はその遊び仲間。
普段は寄り付かないのに、その時だけ来ていたとかで隣が空いていたから自分ちの敷地だと思って文句を言った。
許してほしいと隣の夫婦に謝られたけど許して当然と言う雰囲気で上から目線で言うので、じいちゃんのアドバイスもあり弁護士はさんで話を付けてもらった。
弁償金と慰謝料は貰いました。

近所の冷たい目線に耐えられなかったのか、隣の夫婦は家を売りに出して生まれ故郷に戻って行きました。
隣はまだ売れてません。
だれか入る前にと、隣との境にカーポートを作りました。


Page Top | My Library Home